居酒屋・立食そば店・日本映画などをレビューしています。

【週間日記(後半)】2020年3月26日(木)~3月28日(土)

<前半はこちら>

3月26日(木)

朝6時10分起床。本日の取材の準備。8時に家を出て取材へ。JR山手線で神田まで。歩いて10分ほどの取材場所へ。取材は9時30分からということだったが、急きょ9時45分ぐらいからにしてくれということになったらしく20分ぐらいビルの前で待つ。それだったら立ち食いそばを食べてくれば良かった。そして9時45分から1時間ちょっと。小伝馬町方面に向かいたまたま見つけた「小諸そば 岩本町店」に。

いただいたのは「もりそば」。

ノツログ

「小諸そば 岩本町店」は、、株式会社三ツ和が東京23区を中心に展開している立ち食いそばチェーン「小諸そば」の一つです。 …

サクッと食べ終えて岩本町方面に歩き、秋葉原駅から山手線で池袋まで。東上線で自宅の最寄駅で下車。暖かくてコートがいらないぐらい。

12時30分ぐらいに帰宅。本日の取材のまとめ。14時45分ぐらいからアマゾンプライムで映画「獣道」(2017年/内田英治監督、出演:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー)を見ながら40分間運動。映画は40分まで見たが時系列がイマイチわからない。15時30分ぐらいに家を出て酒場へ。16時30分ぐらいに入店すると先客は一人客が3名。だったが、そのうち一人は大将の「飲んでいる人はもう飲まない方がいいですよ」攻撃ですぐに帰っていった。テレビでやっていたドラマ「ひよっこ」再放送を見ながら酎ハイを飲み始める。その後、一人客が3人来たがそのうちの一人は大将の「飲んでいる人はもう飲まない方がいいですよ」攻撃で帰っていった。17時35分ぐらいに定量を飲み終えて店を出る。

本日二度目の池袋経由で自宅の最寄駅へ。

18時40分ぐらいに帰宅。21時過ぎから「秘密のケンミンShow」みのさん最終回スペシャルをおっかけ再生しながら見る。

3月27日(金)

朝5時50分起床。昨日取材したdoda原稿制作開始。12時15分ぐらいからアマゾンプライムで映画「獣道」(2017年/内田英治監督、出演:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー)の続きを見ながら40分間運動。映画は伊藤沙莉を見るという意味では良かったが、何だか意味がわからないまま終わってしまった。マテンロウのアントニーが結構いい味を出していた。その後、水曜日に取材した原稿制作。15時20分ぐらいに家を出て酒場へ。不要不急の外出なので少し迷ったが、やはり行くことに。どんよりと曇っており風が強い。16時10分ぐらいに入店。先客は一人客一名。テレビでやっていた「世界ネコ歩き」を見ながら酎ハイを飲み始める。その後、一人客が二人来店したが静かで快適だった。17時20分ぐらいに定量を飲み終えて店を出る。

いつも行列ができている弁当屋「まりや食堂」は休み。

池袋経由で自宅の最寄駅へ。 石神井川沿いの桜を見ながら帰宅。

21時からNHKBS1で「大相撲・伝説の一番の真相」を見る。北の富士・貴ノ花の「つき手・かばい手」の一番はリアルタイムでテレビで見ていた。1972年1月だというから小学校6年生の時。当時は貴ノ花を応援していたが、今見ると北の富士さんもすごい。外掛けを随所で繰り出しており、こんな取り口だったのだと思う。この番組、毎日やってくれないかな。それは無理にしても、昔の大相撲を毎日1時間ぐらいずつ放映してくれないものか。

3月28日(土)

朝6時50分起床。朝食時に朝ドラ「スカーレット」の最終回を見る。このドラマらしい静かな終わり方。武志の「ナレ死」は想定通り。全体を通しての印象は、戸田恵梨香さんすごい!水曜日に取材したマイナビ転職原稿制作。昼食は明星の「チャルメラしょうゆ」と、

寿がきや「赤からラーメン」の食べ比べ。

「チャルメラしょうゆ」 はオーソドックスなしょうゆ味。 麺はフライ麺。

「赤からラーメン」 は全然辛くなく、むしろ甘かった。麺はノンフライ麺。

午後はマイナビ転職原稿、doda原稿制作の続き。16時からアマゾンプライムで映画「食い逃げキラー」(2018年/中前勇児監督、出演:青柳翔、松本穂香、浅香航大)を見ながら40分間運動。映画は40分ほど見たが、松本穂香のキャラがイマイチ好きになれず、これ以上見ないかも。東京都の感染患者数は60名を超えたというニュース。外出自粛ということでその後粛々と過ごす。ただ、土日自粛しても月曜日にみんなが会社に行けば終わりじゃん、とも思う。外は雨。19時半からNHKでやっていた「プロフェッショナル 仕事の流儀 本木雅弘スペシャル」を見る。内田也哉子さんは年と共に樹木希林さんに顔もしゃべり方も似てきた感じ。21時過ぎから「アド街ック天国 中野編」を見る。

<次回はこちら>

最新情報をチェックしよう!