居酒屋・立食そば店・日本映画などをレビューしています。

【週間日記(前半)】2020年10月11日(日)~10月14日(水)

<前回はこちら>

10月11日(日)

朝5時30分起床。取材なしdoda原稿制作の続き。朝食はトーストと茹でキャベツ・玉ねぎ&ウインナー。doda原稿制作の続き。明日の取材の準備。久々に少し晴れた。昼食は日清の袋麺「これ絶対うまいやつ! 濃厚味噌 3食パック」。

先日いただいた同じシリーズの「背脂醤油」がうまかったので、こちらはどうかと思い食べてみた。

にんにく風味が豊かな濃厚な味噌味で、予想以上の美味さ。太めの縮れ麺も生麺っぽくていい。午後もdoda原稿制作の続き。16時20分ぐらいからアマゾンプライムで映画「名前(The Name)」(2018年/戸田彬弘監督、出演:津田寛治、駒井蓮、勧修寺保都)の続きを見ながら40分間運動。映画を見終える。女子高生役の駒井蓮という女優さんが好演。この後どうなるかわからないが、何か明るい未来を感じさせる終わり方だった。18時過ぎから夕食。白菜・ダイコン・豚肉の鍋。鶏ガラスープ味。

身体が温まり汗が出た。20時過ぎから録画していた「鉄腕DASH」を見た。珍しくTOKIO全員がDASH島に集合。

10月12日(月)

朝6時15分起床。朝食はトーストと茹でキャベツ・玉ねぎ&ウインナー。9時前に奥さんは埼玉の実家へ。先週水曜日に電話取材した会社のイーキャリア原稿を最終チェックしてアップ。その後、取材なしdoda原稿を最終チェックしてアップ。11時少し前に家を出て取材へ。池袋から湘南新宿ライン・宇都宮行きで東鷲宮まで。12時過ぎに到着。

途中、大宮辺りで途中下車して立ち食いそばでも…と思っていたが、事故のためダイヤが乱れているとのことで、心配だったので途中下車せず目的の駅までそのまま乗って行った。12時20分過ぎに駅前を発車したコミュニティバスに20分ほど揺られて取材先の加須市へ。まだ早かったので近くの公園でしばらく時間をつぶす。今月初旬、街中に強い芳香を放っていたキンモクセイの花は先週来の雨ですっかり散っていた。木の下の地面にはオレンジ色の花がビッシリ。

取材は14時から1時間40分ほど。終了後、カメラマンさんの車に乗せてもらい、栗橋駅まで。東武線に乗り、南栗橋、東武動物公園、春日部、越谷などを通過し、北千住まで。日比谷線に乗り換えて酒場の最寄駅まで。17時20分ぐらいに酒場に入店。先客は一人客が2名。シブ5時を見ながらキンミヤの酎ハイをいただく。その後、ポツポツとお客さんが来たが一人客ばかりなので静かで快適。18時40分ぐらいに定量を飲み終えて店を出る。本日は昼食を食べそびれたので、帰宅途中に板橋本町と板橋区役所前のちょうど中間ぐらいにある「そば谷」に。

「げそ天そば」(400円)をいただく。

つゆが美味く、アルコールを適度に入れた胃に浸みた。20時過ぎに帰宅。録画していた「チワワちゃん」(2019年/二宮健監督、出演:門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、村上虹郎)を見る。原作は岡崎京子の同名マンガ。原作の雰囲気が感じられる作品で、予想以上に良かった。その理由の一つが、日本人の体型が岡崎京子マンガに追いついてきたことがあるんじゃないか。登場する俳優さんは小柄だけどグラマーという設定のチワワちゃん役を除き、みんな顔が小さくて手足が長い。23時ぐらいに奥さんが帰宅。本日は実家で忙しかったようで、いろいろと話を聞いた。

10月13日(火)

朝6時15分起床。終日自宅。朝食はトーストと茹でキャベツ・玉ねぎ&ウインナー。昨日の取材のテープ起こしをして、リクナビNEXT原稿制作開始。本日はアマゾンのプライムデーということで、途中チェックするが特に欲しいものがみつからない。昼食はソース焼きそば。

午後もリクナビNEXTの原稿制作続き。ブログ作業。16時30分ぐらいからアマゾンプライムで映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018年/大根仁監督、出演:篠原涼子、広瀬すず、板谷由夏、小池栄子、渡辺直美、池田エライザ)を見ながら40分間運動。映画は1990年代のコギャル全盛期に女子高生だった仲良し6人組が、ある出来事をきっかけに20年以上ぶりに再会するストーリー。安室奈美恵など90年代のヒット曲が随所に散りばめられ、過去と現在を行ったり来たりしながらメンバーそれぞれの人生が描かれていく。篠原涼子ってどうなんだろう…と思っていたが、テンポが良くて引き込まれた。18時過ぎから夕食。湯豆腐、コハダの酢漬け、空心菜炒めなど。

20時過ぎから録画していたBS-TBS「街中華で飲ろうぜ」を見る。

10月14日(水)

朝6時20分起床。朝食は玄米ご飯。朝ドラ「エール」は主人公の恩師がビルマで戦死。朝ドラでは珍しい戦闘シーン。何とも重苦しい気分。月曜日に取材したリクナビNEXT原稿の最終チェックをしてアップ。11時30分過ぎに奥さんと家を出て仲宿の「そば谷」へ。いただいたのは「春菊天そば」(370円)。

奥さんは「とり天そば」。ちょうど昼時だったこともあり、お客さんが次から次へと入って来て盛況だった。その後、仲宿のスーパー・ライフでインスタントラーメンなどを買って帰宅。午後はブログ作業など。15時15分ぐらいからアマゾンプライムで映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018年/大根仁監督、出演:篠原涼子、広瀬すず、板谷由夏、小池栄子、渡辺直美、池田エライザ)の続きを見ながら40分間運動。この映画、思っていた以上にいい。16時過ぎに家を出て酒場へ。16時50分過ぎに入店すると先客は一人客が5名と結構な人数。カウンターの中央付近の席へ。シブ5時を見ながらキンミヤの酎ハイを飲み始める。大将が本日はイワシの酢の物がないと言うので、代わりに煮こごりを頼む。ここの名物となっている炒りぎんなんは本日も大人気。店のあちこちから殻を割るカチッという音が聞こえてきた。しかし、いかにも初めて来たといった感じの人まで漏れなくぎんなんを頼んでいるということは、SNSで「この店に来たらぎんなんは外せない」的な情報が行きわたっているのだな。自分もブログをやっていていろんな店のことを書いているが、「この店に来たらこれを頼むのがツウとか、これを頼まないとモグリ」的なのはなんか違和感がある。そんなのどうでも良くて、メニューを見て好きなものを頼めば良いじゃん。それが例えばあんまり美味くなくて失敗だったな、でもいいじゃないか。私はこの店のことを知ってますぜ…とツウぶりたいのかな。まあ、初めて来た客がネット情報を見てツウぶってもたかが知れているが。BS-TBSの「街中華で飲ろうぜ」で、20代の女性タレントさんが、たまに通ぶって酒を飲んだり、ツマミを頼んだりすることがあるが、ああいうのって、痛々しくて見てられないよ。などと考えながら1杯15分前後のペースで飲み進め、定量を飲み終えて店を出る。

19時ぐらいに帰宅。20時過ぎから録画していたNHKBS「あてなよる レモンサワーを呑む」を見る。ゲストは鈴木砂羽さんとエグザイルの人。鈴木砂羽さんの飲みっぷりが何とも様になっている。このぐらい経験を重ねている人は見ていて気持ちがいいね。1杯目はキンミヤでレモンサワーを作っており、キンミヤファンとしては何だか嬉しくなって、自宅に常備してあるキンミヤを炭酸で割って飲む。ただ、レモンではなく宮崎・日向産のへべすを入れた。

<次回はこちら>

ノツログ

<前回はこちら> 目次 1 10月15日(木)2 10月16日(金)3 10月17日(土) 10月15日(木) 朝6時2…

最新情報をチェックしよう!