【HDR写真】和歌山電鐵貴志川線に乗って、たま駅長に会いに行ってきた。

せっかく和歌山まで来たということで、噂のたま駅長に会いに和歌山電鐵貴志川線の「貴志駅」に行ってきました。

和歌山駅9番線ホームで買える1日乗車券がおトク。

目的の「貴志駅」は和歌山から向かうと貴志川線の終点。料金は通常ですと片道370円で往復740円ですが、1日乗車券(720円)を買う方が20円お得です。
でもこの1日乗車券を買うのにちょっと戸惑いました。

IMGP7403_2

購入しようとJR和歌山駅の中央口の改札を出たところにある自動販売機を探しましたが見つかりません。貴志川線の切符の自動販売機はあるのですが、1日乗車券は買えないみたいなのです。

で、聞いてみるとJR和歌山駅の9番ホームを昇ったところにある貴志川線の窓口で購入できるとのこと。その旨を駅員さんに告げてJR和歌山駅構内に入り、9番線を上がってすぐのところにある窓口で無事購入できました。

IMGP0739_40_41_tonemapped23

たまワールド炸裂!乗っているだけで楽しい「たま電車」。

チケット売り場横の簡易改札を通って進と、ちょうど停車していたのが「たま電車」。白を基調とした三毛猫色。正面から見ると猫耳がついてるじゃないですか。

IMGP0742_3_4_tonemapped23

側面にはたま駅長のいろんなスタイルのイラストが。

IMGP0745_6_7_tonemapped23

中に入ってみるとこんな感じ。壁や椅子など、徹底的にたまワールドとなっていて楽しい!ケースの中にはドラえもんのフィギュアが展示してありました。そのほか本棚があって、絵本やネコ関係の雑誌なんかも置いてあります。

IMGP0757_8_9_tonemapped23

電車は「たま電車」の他に何種類かあるようで、この日は「いちご電車」と「おもちゃ電車」に出会いました。

IMGP0835_6_7_tonemapped23

いちご電車。

IMGP0805_6_7_tonemapped23

おもちゃ電車。

さて、待ちに待ったたま駅長は…!?

電車は2両編成ですが、ドアが開くのは1両目のみ。ワンマンカーなので、下車する場合は1両目の一番前の扉から運転手さんに切符を渡すか定期や1日乗車券を見せて降りるしくみになっています。

そして、電車に揺られること30分ちょいで終点「貴志駅」に到着。
いよいよ待ちに待ったたま駅長との対面…と意気込んでホームの階段を降りると、

IMGP0821_2_3_tonemapped24

…寝てました。
でも、よく見ると柄が「たま駅長」ではないような?

後で調べてみたところ、サイトにこんなお知らせが、

たま駅長は、鼻炎のため当分の間お休みを頂きます。たま駅長がお休みの間、ニタマ駅長が貴志駅長代行業務を行いますので変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

あまりジャマするのも悪いので控えめに写真を撮影して外へ。

IMGP0824_5_6_tonemapped23

駅舎もネコのカタチをしています。
土曜日ということもあり、小さな駅の前には子供連れなどお客さんで溢れかえっていました。
おやじ一人で長居するのもあれなんで、乗ってきた電車に乗り込み和歌山へ。
たま駅長には会えませんでしたが、たま電車が面白くて満足!

↑たま駅長の勇姿はこちらなどを…。

<貴志駅までのアクセス>
JR「和歌山駅」9番線ホームの和歌山電鐵貴志川線から約30分

【追記】
このエントリーをアップした一日後、たま駅長が亡くなったという悲しいニュースが飛び込んできました。上記の通り、私が訪ねた6月20日も療養中で姿を見ることができませんでしたが残念です。たま駅長、これまで長い間お疲れ様でした。

<Photomatixの設定>
■方式:トーンマッピング(コントラスト最適化) ■強さ:100 ■トーン圧縮:0.0 ■光の効果:50 ■ホワイトクリップ:5.0 ■ブラッククリップ:5.0 ■中間トーン:0.0 ■彩度:0.0 ■色温度:0.0

<撮影日時・場所>
2015年6月20日 10:40~12:00
和歌山駅~貴志駅

<使用機材・ソフト>
Pentax Q7/02 STANDARD ZOOM
3Shot Jpeg→Photomatix Pro 5.0.5→Photoshop→Topaz Adjust5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告