【カップ麺】まるか食品「ピーヤング 春雨」味薄め。何か調味料を加えれば劇的に美味くなりそうな気が…。

まるか食品が9月18日からコンビニ先行発売した「ピーヤング 春雨」。もはやペヤングでもないし、やきそばでもないこの商品、果たしてどんなものか、食べてみました。

パッケージは薄いグリーンが基調。なんか微妙な色に円形の幾何学模様という意味不明なデザイン。「やきそば」という文字の下に「春雨」という矛盾。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「春雨」、「かやく」、「ソース」。てっきり焼きそばと同様そのまま入っていると思っていた春雨が、ビニール袋に入っていたので驚きました。

春雨を袋から取り出してカップに戻し、かやくを入れてお湯を注ぎます。

さて感想は。

3分後に湯切りをして「ソース」を入れて良くかき混ぜれば出来上がり。

春雨リフト。

まずふんわりと漂ってくるのはごま油っぽい香り。そして春雨を一口。うっすらと塩コショウ味で、まあ普通の春雨です。ネットで「めちゃ美味い!」とか「中毒性がヤバイ!」といった評価を見たのですが、私の感想は「味が薄目で、なんかもの足らない」。何か調味料をプラスすれば飛躍的にうまくなりそうな予感がするのですが…。ラー油? ポン酢? どうだろうなぁ。かやくはキャベツ、ニンジン、キクラゲ。その中でキャベツとキクラゲがそれぞれ違う食感で、いいアクセントになってくれます。219kcalと低カロリーなのはいいのですが、私は中毒にはならなそう。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★☆☆☆ 2.5(う~ん)

<商品データ>
◎価格:205円(税別)
◎内容量:66g
◎カロリー:219kcal
◎発売日:2017年11月6日(一般発売)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告