【居酒屋紹介・昼間から飲める店】池袋「やきとん三福」創業60年を超える老舗酒場。毎日午後3時から飲める!

池袋の「やきとん三福」は、創業1956年の老舗酒場。毎日午後3時から飲めるお店です。

池袋西口を出てスグ!

場所は池袋西口から徒歩1分。西口を出たら右を見ます。おそらく「マツモトキヨシ」の看板が見えるはず。その隣の隣がこのお店。「酒蔵 やきとん三福」と書かれた黄色い看板が目印です。店内は1階が入口から奥まで続く長いカウンター13席とさらにその奥にテーブルが2卓。2階はテーブル席になっており、キャパは食べログによると50席。ドリンクはビール、酎ハイ、焼酎、日本酒など。珍しいところでは焼酎を黒ビールで割った「黒酎ハイ」(350円)というものも。

やきとんは塩、タレ、辛味噌の3つの味が選べる

つまみは、看板メニューのやきとんをはじめ、煮込み、焼鳥、一品料理など各種揃っています。もつ煮込み(480円)は“創業以来変わらぬ味”という塩ベース。もつなしの豆腐だけの「なか豆腐」は350円。やきとんはかしら、タン、ハツ、ガツ、レバ、シロ、コブクロ、マルナンコツ、タタキナンコツが1串140円で、味は塩、タレのほか辛味噌も選べます。

この日頼んだのは「酎ハイ」(300円)。

つまみは「パリパリキャベツ」(280円)。ごま油ベースの塩ダレがかかっているほか、辛味噌も添えられていて2つの味で楽しめます。

「ねぎま」は2串で300円。串焼きの串は金串です。

この日はウィークデイで開店直後の15時7分に入店したのですが、カウンターはすでに7~8割埋まっているという人気ぶり。このカウンターでの一人飲みはなんか居心地がいいです。適度な喧噪の中でなんとなく落ち着くというか。これからもずっと今のままでいてほしい!そう思わせる酒場です。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都豊島区西池袋1-27-1
◎交通手段:JR「池袋駅」西口から徒歩1分
◎営業時間:15:00~23:30
◎定休日:12/31~1/3まで

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告