【カップ麺】「MARUCHAN QTTA TONKOTSUラーメン 麺10%増量(期間限定)」とろみのある濃厚スープの若い世代向けの豚骨ラーメン。

MARUCHAN QTTA TONKOTSUラーメン 麺10%増量(期間限定)」は、は2017年3月に東洋水産から発売された縦型カップの新カップ麺シリーズのうちの一つ。今回いただいたのは、2017年10月2日から期間限定で発売されている麺10%増量タイプ。通常のものは76g(めん60g)なのですが、81g(めん66g)となっています。

この「QTTA」は、現在のところ醤油(SHO-YU)、豚骨(TONKOTSU)、シーフード(SEAFOOD)の3種類がラインナップされています。おそらく日清のカップヌードルの対抗商品として企画・発売されたもので、そのネーミングから察するにターゲットは10~30代の比較的若い層。まあ、“QTTA”とか“TONKOTSU”というように英文表記にすれば若者向けという発想もどうかと思いますが…。パッケージは鮮やかなイエローグリーンをベースに、ボディはメタリックタイプのブロンズカラー。フタはこんなデザイン。

ネーミング、ボディカラーなど、いろんな面でチャレンジングな商品なんですが、もう一つカップを手にしてわかるのが、そのユニークなフォルム。上の方は円形なのに底は四角。これが手にしっくり来るというか、結構持ちやすいんですよ。

早速つくってみる。

フタを開けると中はこんな感じ。カップヌードル同様、小袋類はありません。

さて感想は。

熱湯を注いで3分後、フタを開けたら出来上がり。

麺リフト。丸い細麺。

さて、まずスープを一口。ドロッとしてとろみのある濃厚な豚骨スープ。次に麺。ラードを使用した油で揚げたということですが、結構固めで豚骨スープに合う麺で歯ごたえもいい。具は味付豚肉、きくらげ、ねぎ。この手のカップ麺としては具だくさんで、頑張っているなという印象。時々麺にくっついて来るゴマも食感的にアクセントになっていいです。ただ食べ進めるに従って、濃厚なスープがややきつくなり、塩っぱさも気になって来ました。若者がメインターゲットの濃い目の味付けなので、これはしょうがないことだとは思いますが、50代後半にはややきつかったです。というわけで今回は少しスープを残してごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:180円(税抜)
◎内容量:81g(麺66g)
◎カロリー:383kcal
◎発売日:2017年3月27日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告