【居酒屋紹介・昼間から飲める店】さいたま市「いづみや第二支店」朝9時半から飲める天国のような空間。

いづみや第二支店」は、大宮駅東口からスグの好位置にあり、朝9時半から飲める、酒飲みにとっては天国のような店です。

「大宮駅」東口から徒歩2分程度

場所はJRなど各線「大宮駅」東口から徒歩2分。東口を出ると、目の前にはマクドナルドやら、カラオケ館やら、こんな感じの風景が広がります。

上の写真でマクドナルドの看板の下、一部電信柱で見えませんが「いづみや 第二支店」と書いてあるのがこのお店。右隣はこのブログでも紹介したことがある「いづみや本店」です。

大宮駅東口からスグの「いづみや 本店」は創業1947年。朝10時から飲めるこの地を代表する大衆酒場です。 場所は大宮駅東口を出てス...

店内は壁沿いのカウンター席や横長のテーブル席など。入口すぐのフロアに加え、右奥には厨房の隣にテーブル席があって、当てずっぽうの推測ですが40~50名ぐらいのキャパはあると思います。本店よりも広いかも。

思い思いのスタイルで昼飲みを楽しむ先輩方

この日、入店したのは12時40分頃。悠々自適の先輩方が4~5名、思い思いのスタイルで昼飲みを楽しんでおられます。入口入ってすぐ手前のテーブルの中程に着席すると、すぐにオーダーを取りにきていただいたおばちゃんにまずは「酎ハイ」(350円)をオーダー。待つこと30秒ちょいでやってきた酎ハイは、ほんのり琥珀色。謎のエキス入りですが、特に甘ったるかったりはしません。

酎ハイが到着したと同時につまみをオーダー。まずはファーストオーダーの定番中の定番「ポテサラ」(330円)。この通り、お子様ランチ風にまるく固めたものが二つ。キャベツやパセリの他に、レモンも添えられていて彩りもいい!一絞りしたレモンは酎ハイにイン。

追加で「きんぴら」(260円)。出来上がったばかりみたいで、まだ温かかったです。

居心地が良く、近くにあったら毎日通いたくなる

入口のガラスドアから見える外の様子やテレビをぼんやりと眺めながら飲みます。ウィークデイの12時~13時ぐらいですと、お客さんもそんなに多くなく、静かでゆったりとした空気の中で飲むことができますね。一人飲み好きには居心地がいい空間で、家の近くだったら毎日通いたくなるほど。実際、まわりで飲んでいらっしゃる先輩方はほとんどがご常連のようでした。オーダーに店員のおばちゃんたちが素早く対応してくれるのも嬉しいですね。13時半ぐらいになって、もうしばらく飲んでいたいなとも思いましたが、4杯目の酎ハイを飲み干したところでお勘定。お代は2000円弱。ごちそうさまでした。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町1-28
◎交通手段:「大宮駅」東口下車徒歩2分
◎営業時間:9:30~22:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告