【週間日記】2018年6月17日(日)~6月23日(土)

<前週はこちら>

6月17日(日)

朝7時10分起床。朝食時に録画しておいた「ゴッドタン」。今回は「本郷杏奈、お前は何が出来るんだ!」。午前中は原稿制作の続き。昼食は山形空港でおみやげとして買って来た山形県東根市の株式会社みうら食品という会社が製造している「そば屋の中華 鳥中華」。

平打ちの棒ラーメン。ツルツルしていてのど越しが良い中華麺。カツオと昆布出汁がきいたそばつゆと絶妙にマッチ。

昼食中に見始めたフジテレビの澤部メインの街歩き番組「なりゆき街道旅」鎌倉編を最後まで見てしまう。その後、原稿制作の続きを17時ぐらいまで。18時過ぎに家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。本日はカウンター席がほぼ埋まっており、2人掛けテーブルにも先客がいたため、4人掛けテーブル席に。店員さんは2週間ぐらい前から新たに入った女性1名体制。キンミヤの酎ハイにキャベツ味噌、ねぎま、鳥皮、マカロニサラダ。後から正式な名称は忘れたが、チーズ入りピーマンの肉巻き的なものをオーダー。

かぶりつくと外の豚肉はカリカリ。ピーマンの間からトロ~リとチーズが溶け出してくる。1時間ちょい飲んで帰宅。

6月18日(月)

朝6時15分起床。朝から原稿制作の続きで終日自宅。8時ちょい過ぎに、NHK朝ドラを見ようとスマホのワンセグを立ち上げたところやっていたのは地震速報。大阪で震度6弱の地震があったとのことで朝ドラは中止。8時15分からテレ東で韓国ドラマ「トッケビ」を見る。記憶を消されたウンタクが9年の時を経て再びこの世に帰ってきたキム・シンに出会い、かつての記憶が徐々に呼び覚まされてくる。ロマンチックで朝からウルウル。このドラマもあと2回。9時過ぎから再び仕事。昼食はマルちゃんの冷凍食品の焼きそば。しっかり辛めのソース味と、適度に弾力がある麺のトリコで最近ヘビロテ。今日は一味とゴマを加えた。気を付けないとあっという間に食べ終わるのが難点。

午後も仕事の続き。外は雨が降っていてやや肌寒い。18時50分ぐらいから夕食。スンドゥブ鍋。比較的まろやかでコクがあり、ゴクゴク飲めるスープ。

7時のNHKニュースでは大阪の地震被害を伝える映像。交通機関が寸断されて大混乱。大阪駅から歩いて淀川にかかる橋を渡り新大阪方面に向かう人々。いつか見たことのある風景。20時過ぎから仕事の続きを1時間ちょっと。その後録画していた「歴史秘話ヒストリア」伊能忠敬編。続いてWカップの韓国・スウェーデン戦の後半を見る。本日は酒は飲まず。

6月19日(火)

朝5時20分起床。ここ数日制作していた原稿を9時過ぎにアップ。録画しておいたテレ東の韓ドラ「トッケビ」を見る。わぁ~明日が最終回だよ。もう悲しい出来事は起こりませんようにと願うが、予告を見るとそうでもないようで…。その後、ブログ作業など。14時半過ぎに昼食として「サッポロ一番 旅麺 会津・喜多方 醤油ラーメン」。平べったい太麺は面白いが、スープがイマイチ。カップのフタには「鶏ガラ・豚骨・魚介のうまみと風味豊かなすっきり醤油」と謳っているが、醤油を薄めたようなあっさり味で“うまみ”とやらをほとんど感じることができず。

16時半過ぎに散歩がてら近所のミニスーパーまで。体調はまあまあ。19時半ぐらいからビール、じゃなかった発泡酒「オリオン サザンスター」を飲みながらオニオンスライス、海藻サラダなどのつまみをいただく。

この発泡酒、随分前に買って冷蔵庫に眠っていたもの。缶に冬季限定と書いてあるので濃いタイプかと思ったら色は薄いゴールドですっきりとしていてひっかかりがない味。21時からNHKでWカップの日本・コロンビア戦をテレビ観戦。惨敗を予想していたが、まさか、まさかの勝利。

6月20日(水)

朝6起床。本日は基本的にオフ。8時からNHK朝ドラを見たら東京03の角田さんが清野菜名さんの恋人役で出て来てビックリ。8時15分からのテレ東・韓ドラ「トッケビ」は最終回。涙する。その後、ブログ作業。あと髭剃り(シェーバー)を分解してクリーニング。昼食は昨日の残りのスンドゥブ。13時半過ぎに家を出ると、外は小雨模様で梅雨らしい天気。歩いて5分のカットハウスで散髪してサッパリ。店内にTBSラジオ・たまむすびが流れていて、レイザーラモンRGの歌がやや耳障りだった。終わって外に出ると天気のせいかな、ややクラクラするがひどくはない。帰宅後、定期的に見るブログで話題にされていたこともあり、録画していたフジテレビのザ・ノンフィクション「あっちゃんと翔平」を見る。選択的シングルマザーとしての生き方を選んだあっちゃんと、子供の遺伝子上の父親・翔平のドキュメント。なんかいろいろあってベローチェで2時間にわたってあっちゃんに詰められる翔平。「もう会わない方がいいんじゃないか」と翔平が言うと、「こんなことで縁が切れるなんてもったいない」と言い出すあっちゃん。翔平なりに考えに考えて結論を出したのに、すべてをひっくり返す一言。で、またイチからの話し合い。まるで、翔平が一個一個積み木を積み上げていったのに、あっちゃんが一瞬でそれを崩して、またイチから組み立てろと言っているかのよう。賽の河原というか、不毛というか、地獄というか。しまいには今後の身の振り方をあっちゃんの言われるがままにカラー付箋に書かされる始末。怖い。あと、プロのカメラマンを目指しているという翔平。今は日雇いの仕事をしながらカメラマンの登竜門となる賞への入選を目指しているそう。それ何かおかしくないか。カメラマンって賞をとらなきゃなれないの? 私は仕事で日常的にカメラマンと会うけど、賞なんて取らなくてもカメラマンで食っている人ってたくさんいるんだけどな。逆に賞を取ったからと言ってカメラマンとして食える保証もないだろう。日雇いをやっている時間があるなら、例えば結婚式の写真とか、企業の採用関連の写真など、商業的なカメラマンの仕事をどんどんやって撮影技術を磨いた方がいいのでは。とにかく突っ込みどころ満載で、ぜひ同番組の人気企画「マキさんとジョンさん」のようなシリーズ化を希望。ある日あっちゃんの住む長屋にこれまでの住人とは別タイプの肉食系イケメンが引っ越してきて、あっちゃんは心ひかれていく…なんて展開があるかも。その後、明日の取材の準備など。18時50分ぐらいから夕食。「豚肉の黒酢炒め」など。

20時半ぐらいから録画していた「アド街ック天国 日比谷編」を見ながらサクランボをいただく。プリっとした食感とほのかな甘み。

この間山形に行った時に駅の構内に出した売店やスーパーで目にしたが、高価で買わなかったので今季初モノ。本日は酒は飲まず。

6月21日(木)

朝6時15分起床。本日の取材の準備。11時10分ぐらいに家を出て取材へ。外はどんよりとした曇り空。最寄駅に到着するも近くの駅で電気系統のトラブルとのことで電車が止まっている。ガッデム。10分ぐらい待ったが待ちきれず駅を出て、20分ぐらい歩いて別路線の駅へ。体調がまあまあで何とか歩けた。無事、別路線は動いており電車に乗れる。ただ蒸し暑い中歩いたのでしばらくは汗が止まらなかった。その後、西日暮里駅から千代田線・常磐線各駅に乗って、13時ぐらいに我孫子駅に到着。4・5番ホーム上の立ち食いそば店「弥生軒 5号店」で「唐揚げ(1ヶ)そば」(400円)。唐揚げ1個入りを選んだが、予想していた3倍以上の大きさ。びっくり。

直前に入店した方は2個入りを頼んでいたが、こんなのを2個も食べたら夕食が食べられなくなっちゃうよ。取材は14時から2時間弱。常磐線各駅で北千住まで戻り、乗り換えて酒場の最寄駅に。16時50分ぐらいに酒場前に到着するがやっぱり休み。休業して4ヶ月目に突入した。もう一つの酒場が開く17時まで時間をつぶすために周辺を歩いていたら、酒場の常連、ビリケンさんが目の前を自転車に乗って過ぎて行くのに遭遇。気付くのが一瞬遅れて声をかけられなかった。久々に話したかったのだが残念。17時過ぎにもう一つの酒場に入店。瓶ビールに「三つ葉のおひたし」。テレビでは日テレのニュース。Wカップの次の日本の相手であるセネガルについてのレポートや、宮里藍が結婚したニュースなど。セネガルには相撲があるのだな。ビールの後はレモンハイに移行し、つまみは「枝豆」と「オニオンスライス」を追加。本日は他にお客さんは来なかった。18時15分ぐらいに店を出て帰宅。

6月22日(金)

朝6時10分起床。昨日取材の原稿制作。12時ぐらいに前に家を出て取材へ。12時50分ぐらいに赤坂見附に到着。駅近くの立ち食いそば・うどん店「蓼科」へ。

隣の焼鳥・おでん居酒屋「千成」と中でつながっており、蓼科で出来上がりを受け取って千成で食べる方式。いただいたのは「春菊天そば」(390円)。

つゆは大船軒ほどではないが、やや甘め。取材は14時から2時間弱。終わってまっすぐ帰宅。しばらく休憩後、原稿制作の続き。17時過ぎに、急ぎでの仕事が1本入ってくる。夕食をはさんで21時半ぐらいまで仕事。その後、サッカーW杯、ブラジル・コスタリカ戦を見る。始終押していたブラジルが後半の終了近くになってようやく得点を上げ、アディショナルタイムにも加点して2対0で勝利。

6月23日(土)

朝5時35分起床。昨日発注があった原稿制作。10時ぐらいから昨日取材した原稿作成を開始。昼食は蒙古タンメン中本店主、セブン&アイグループ、日清食品冷凍により共同開発されたという「蒙古タンメン中本 辛旨 汁なし麻辛麺」。出来上がり後に「花椒入り辣油」を3分の2加えたところかなりの辛さに。食べ終わっても5分ぐらい唇のまわりがヒリヒリ。

昼食後、録画していた「孤独のグルメ」千葉市の特製ニンニクスープと生鮭のバター焼き編を見る。店員役として「深夜食堂」のお茶漬けシスターズの一人、小林麻子さんが出ていた。その後、仕事の続き。18時過ぎに家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。小雨模様。本日は先客はおらず、テーブル席に。店員さんは女性1名体制。キンミヤの酎ハイにキャベツ味噌、ねぎま、鳥皮、ホワイトボードのメニューからササミとネギの塩昆布あえ。ゴマ油風味でさっぱり。しばらくは静かだったが18時半過ぎから子供連れのお客さんが入って来て賑やかになった。1時間ちょい飲んで帰宅。

帰宅後、W杯ベルギー・チュニジア戦を途中まで見る。

<次週はこちら>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告