【居酒屋紹介・昼間から飲める店】仙台「もつ焼き丸昌」年中無休で毎日12時から飲める人気もつ焼き店!

仙台の「もつ焼き丸昌」は、年中無休で毎日12時から飲める人気もつ焼き店です。

「仙台駅」西口から徒歩3~4分

場所は「仙台駅」西口から徒歩3~4分。デッキから降りて駅前通りに面しているタイセー・ハウジーという不動産屋さんの角を曲がり、細い路地を約30メートルほど行ったところ。旧さくら野百貨店の裏通りですね。入口手前には「酒は大人の子守歌」と書かれた看板。このお店のキャッチフレーズのようです。また、メニュー・価格が書かれた立て看板があり、モツ焼き各種は120円(税抜き)。

もつ焼きは16時から

この日入店したのは13時30分頃。店内は入口から奥へと伸びるカウンター席、さらにフロアにテーブル席があり、キャパは40名程度。平日の昼間ですが40~60代ぐらいの男性を中心に約8割の入りと賑わっています。聞くところによると、昼間から行列ができることもしばしばあるとか。ドリンクメニューはこちら。

キンミヤもありますね。また宮城県全蔵の地酒が置いてあるそうで、コップ酒が330円。そしてこちらが昼のつまみメニュー。

昼飲みの場合、つまみは限定されていて、もつ焼きはないので注意! 12時から14時までは定食もあります。「ホルモン丼」や「煮込み定食」、「おでん定食」などが500円。

そしてこちらが16時からのツマミメニュー。もつ焼きの種類が実に豊富。

「おでん5点盛り」はボリュームたっぷり

この日はドリンクとしてまずは「白ハイ」(230円)をオーダー。プレーン酎ハイみたいなものですね。お通しとして「塩ダレキャベツ」が出てきます(180円/おかわりは10円)。

ツマミはまずは「ほうれん草」(100円)。

そして「おでん5点盛り」(250円)。中華丼で出てきます。男爵(ジャガイモ)、はんぺん、コンニャク、厚揚げ、玉子。

一つひとつがでっかくて予想以上のボリューム。「ほうれん草」は頼まなくても良かったかも。人気店なので次から次へとお客さんが入って来ます。でもみんなサクッと飲んで帰るので、回転はいいですね。賑やかで活気ある店内で、昼間から飲む酒は格別。約1時間ほど一人飲みを堪能しました。ごちそうさまです。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:宮城県仙台市青葉区中央1-8-2 よろずやビル1F
◎交通手段:JR「仙台駅」から徒歩3~4分
◎営業時間:12:00~24:00
◎定休日:なし(年中無休)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告