【立ち食いそば】末広町「きぬそば」末広町駅徒歩2~3分の立ち食いそば店。そば、うどんの他、カツカレーも名物。

末広町の「きぬそば」は、サクッとそば・うどんが楽しめる立ち食いそば店。洋食屋で修行したという、ご店主のカツカレー(580円)も名物です。

末広町駅から徒歩2~3分

場所は東京メトロ銀座線「末広町駅」4番出口を出て、中央通りを御徒町・上野方面に100メートルぐらい進み、銀座山形屋の角を左折して、30メートルほど行ったところ。錬成通り沿い。そば・うどんと書かれたノボリと黄色いテントが目印です。なお、このお店のご店主はキッチン南海で修行された方とのこと。そのため「カツカレー」も名物で、テントの上には、そば・うどん・カツカレーと書かれた看板が掲げられています。そして入口ドア下部分にはメニュー看板。これによると、「かけそば・うどん」が280円で、「かき揚げそば・うどん」が380円。

この日入店したのは12時過ぎ。自動券売機はなく、口頭でオーダーするシステムです。店内は厨房を囲むL字型の立ち食いカウンター。7~8名は立ち食いできるでしょうか。そして壁沿いに低めのカウンター席がありイスが2脚。さらに入口右壁沿いに立ち食いカウンターがあり、2~3名立ち食いできそう。というわけで、キャパは合わせると12~13名といったところ。入口正面のカウンターの上にはガラス製の天ぷらケースがあり、エビ天など揚げ置きの天ぷらが並んでいます。その下のスペースにはコロッケやおにぎりが置かれています。

口頭で店員さんに注文を告げて、空いていた天ぷらケース前のスペースに場所を確保し、出来上がりを待ちます。カウンターの上の調味料は七味と刻み唐辛子。

トッピングが大サービス

待つこと2分ぐらいで出てきたのがこちら。「おろしそば」(380円)。

上から。おろしの他、わかめ、天かすなど、オマケというかサービスというか、色々と入っていて、ご店主の心意気みたいなものを感じます。

さて、いただきます。まずはそば。茹で麺で柔らか目。「むらめん」のケースがあったので、むらめん製だと思われます。つゆはかつお出汁が香り、ちょうどいい塩梅。そしてトッピングが多彩。「おろしそば」なので、おろしはもちろんですが、わかめ、揚げ、天かす、さらにはちくわ天のカケラまで。もはや何そばなのかわからないほど。そんなトッピングを楽しみながら食べ進めます。その間も、昼時とあって次から次へとお客さんが店に入ってきて、入店時は4人だったのが、あっという間に満員に。店の右にあるドアからは持ち帰りをオーダーするお客さんも。というわけでピッチを上げて食べ進めて完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.6(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区外神田6-10-11
◎交通手段:東京メトロ銀座線「末広町駅」から徒歩2~3分
◎営業時間:7:30~17:30
◎定休日:土曜・日曜・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告