【立ち食いそば】池袋「大江戸そば 池袋東口店」「乱切りそばあずみ」があった場所にオープンしたNRE運営の駅そば。

池袋の「大江戸そば 池袋東口店」は、JR東日本系の日本レストランエンタプライズ(NRE)の運営する立ち食いそば店。駅隣接で手軽にそば・うどんが楽しめます。

「乱切りそばあずみ 池袋東口店」だった店

場所は池袋東口を出てビックカメラへ向かう途中。池袋パルコに隣接しておりJTB池袋パルコ店の隣。2019年3月まではジェイアール東日本フードビジネス株式会社が運営する「乱切りそばあずみ 池袋東口店」だった店です。

入口左にタッチパネル式の自動券売機があって、ここでチケットを購入して店に入り、右奥の注文口で店員さんに渡してオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が280円で、「かき揚げそば・うどん」が380円。

この日入店したのは午前11時25分頃。店内は入口から奥へと続く左の壁沿いの立ち食いカウンターのみ。一人分スペースに区切られており、8人が立ち食いできるようになっています。内装は「乱切りそばあずみ池袋東口店」とほぼ同じ。先客は男性2名で、店員さんは2名体制でした。注文口で食券を渡してそばを指定し、入口寄りのカウンターで出来上がりを待ちます。調味料は七味唐辛子とすりゴマ。

いただいたのは「ざるそば」

待つこと2分弱で呼ばれていただいてきたのがこちら。「ざるそば」(320円)。

そばアップ。

さて、いただきます。つゆにネギを適量入れ、ワサビを直につけたそばをくぐらせて口に。そばはいつもの大江戸そばのもの。やや柔らか目のゆでそばです。つゆは出汁よりもかえしが強め。わさびをつけながら食べ進めます。「もりそば」がなかったのでしょうがなくて「ざるそば」にしたのですが、刻みノリはパリッとしてノリ自体の香りもあっていいですね。残りあと5分の1となったところで七味唐辛子を振りかけて完食。そば湯は見当たらなかったので、残ったつゆをそのままいただいて、ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都豊島区南池袋1-28-2
◎交通手段:JR「池袋駅」東口PARCO横
◎営業時間:[月~金]10:00~23:00[土日祝]10:00~22:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告