【日本映画】笑って、うるっと来て、スカッとする傑作時代劇!「超高速!参勤交代」(本木克英監督)

Amazonプライムで久々に面白い映画に出会いました。「超高速!参勤交代」。

どんなストーリー?

江戸期、八代将軍・徳川吉宗の時代。1万5千石の小藩・磐城国湯長谷藩に存在するという金山略奪を狙い、江戸幕府が無理難題を吹っ掛ける。「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す!」。金も時間もない湯長谷藩。参勤交代を果たし、無事に藩を守ることができるのか?!通常ならば、準備に半年、8日はかかる道のり・・・しかも貯えも尽きている。しかしこの命令に従わなければ藩はお取り潰しに!藩主・内藤政醇は、忍び雲隠段蔵を道先案内役として雇い、家臣の精鋭6名を引き連れ、道中人のいないところでは山道を駆け抜ける奇想天外な作戦にでる。

石高も少ない田舎の弱小藩。だけど藩主は少しも偉ぶることなく、農民と今年の大根の出来について気軽に言葉を交わすような気さくな性格。そして近隣の藩が飢饉で困っていると聞けば自分の藩も楽じゃないのに米を差し入れる。この絵に描いたような“いい人”の殿様を家臣たちは愛し、武芸に励む。そんな愛すべき小藩に突如降りかかってきた災難。お金も、時間もない中で、それをどうやって乗り越えていくか。そんなストーリーです。

なんでこんなにスカッとするんだろう。

理不尽なことって多いじゃないですか。本来3日ぐらいかかる仕事なのに「社長が明後日から出張なんで、明日までに仕上げてくれ」なんて上司が言う。それぐらいだったら期日に少し間に合わなくても、まあ厳重注意ぐらいで済むんですが、この湯長谷藩に課せられたミッションの場合、一分一秒でも間に合わなければ藩が取り潰しになる。会社だったら倒産させられるわけです。半端ない理不尽さ。それを全員の知恵と体力と勇気で乗り切っていく。その姿に、無茶ぶりされながら何とか頑張る自分を重ね合わせ、ラストに権力にふんぞり返って理不尽な要求をしてくるヤツを見返してやるシーンでスカッとするんですね。

殿様役の佐々木蔵之介や家老役の西村雅彦など、登場人物一人ひとりがキャラが立っていてわかりやすいのもいいですね。家臣たちが恐ろしいほど不死身だったり、時代考証的には突っ込みどころがいっぱいあったりするんだろうけど、そんなことはどうでもいいですね。過激なシーンもほとんどなく、家族みんなで楽しめる傑作時代劇。原作も読みたくなりました。

<予告編>

<映画データ>
◎監督:本木克英
◎主演:佐々木蔵之介、深田恭子
◎助演俳優:伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生

<原作>

■Amazonプライムの登録はこちらから→Amazonプライム

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告