【メシ屋&酒場紹介】店内のビール工房で作られている徳島の地ビールが楽しめる!「ビール工房 Awa新町川ブリュワリー」

今回は「ビール工房 Awa新町川ブリュワリー」をご紹介します。

tokushima1

新町川のほとりにある地ビール店

地方を訪れた際の楽しみの一つが地ビール。
その土地ならではのビールがあれば、できるだけ味わうようにしています。

普段はデパ地下やお土産店で売っていることが多いので、
徳島駅前のそごう地下や駅B1の名産品コーナーをチェックしましたが、
それらしきものは見つからず。

この地に地ビールはないのだろうか…。
そう思いながら町を歩いていたときに見つけたのがこのお店です。
場所は徳島駅から眉山ロープウェイ方面にむけて5分くらい歩いた橋のたもと。
新町川のほとり、おしゃれな商業ビルの1階。

店の前には「とくしま地ビール」「AWA BEER」と書かれたノボリ。
土日は11時半からやっているようなんですが、
この日は平日だったので、まだ営業していませんでした。

tokushima3

店内をのぞいて見ると、かなりおしゃれな店ですね。
地ビールらしきビンが並んでいます。

tokushima2

一応チェックしておいて、17時以降に訪れることにします。

3種類のビールが楽しめる飲み比べセットを堪能

で、暗くなってから再訪。

いただいたのは、ペールエール、ビター、スタウトの
3種類が味わえる飲み比べセット(850円)。
ビールやつまみはキャッシュオンデリバリー方式です。

tokushima4

試験管立てのようなものにグラスが3本挿してあって
見た目も楽しいじゃないですか。

それぞれの説明を見るとこう書いてあります。

ペールエール/カスケードホップによる柑橘系の香り
ビター/ウィラメットホップによるほろ苦さが特徴
スタウト/ローストした大麦を使用した濃厚な黒ビール

ペールエールは華やかな香りがします。
ビターはその名の通り苦さがいいですね。
スタウトは香ばしくて味わい深い。

このビール、店内のビール工房でつくられているそう。
食べログのサイトに書いてあった特徴は以下の5点。

1.店内ビール工房にて造ります
2.通常のビールとは違う発酵方法
3.ビール酵母が生きています(無濾過、非加熱)
4.原料をふんだんに使う
5.軽な値段で

今までのビールはつまらない、クラフトビールは楽しいけど高い。考えました、、、自分で造ろう!わくわく出来手頃な価格、これが新町川ビールです。 中間、物流コストを徹底的に削減し、原料をふんだんに使い、高品質ながらも、手頃な価格を実現しました。

このほか、本日の樽替わりとして提供されていた「すだちハニー」もいただきました。
こちらはインターナショナルビアカップで銀賞を受賞したとか。
やや甘めで柑橘系の香りがして、今まで味わったことがない不思議な味。

つまみも一手間加えてあって美味いです

このお店、地ビールもさることながらつまみが凝っていて美味いです。

地魚のフィッシュ&チップス600円。
自家製ビールを衣に使っているそう。タルタルソースが美味い!

tokushima6

ありそうでなかった!?焼き枝豆(350円)

tokushima5

肉味噌キャベツ。肉味噌が豚まんの具みたいで美味。

tokushima7

ビール好きだけではなく、軽く飲みたい時なんかにもいいと思います。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:徳島県徳島市東船場町1-6
◎交通手段:徳島駅より徒歩10分
◎営業時間:[火~金]17:00~22:00(金曜は24:00) [土・日]11:30~24:00(日曜は22:00)
◎定休日:月曜、火曜(ビール仕込みのため冬季休業) ※祝日は営業、翌日休み

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告