【立ち食いそば】神谷町「そば庄」地下鉄「神谷町駅」直結の便利なロケーション!弾力のある色黒のそばが特徴。

そば庄」は、東京メトロ日比谷線「神谷町」駅に直結した立ち食いそば店。夕方5時からは立ち呑み「ほたる」として営業します。

sobasho1-22

神谷町駅改札から徒歩30秒!

場所は「神谷町駅」の4aと4b出口への階段手前。改札を出て徒歩30秒で着きます。まずは入口右横にある自動券売機で食券を購入し、店内の注文カウンターでオーダーするシステム。値段を見ると、「かけそば・うどん」が290円。「きつねそば・うどん」と「天ぷらそば・うどん」が同じで400円というのが珍しいですね。普通は50円ぐらい差がありますから。オフィス街・神谷町の昼メシ需要があるみたいで、唐揚げ丼、天丼、親子丼といったご飯ものも一通り揃っています。

sobasho2-22

店内は入口付近に立ち食い用テーブル、そのまわりに壁に沿ってイス付きのカウンター。奥の注文カウンター前にはイス付きのテーブルが3つあります。キャパは24席。

sobasho3

この店は午後5時までは立ち食いそば店で、以降は立ち呑み店になります。

sobasho7-22

壁に貼ってあったのは夏向けのメニュー「冷やしサラダそば」(580円)。そのほかあちこちに何やら一句書かれた色紙が貼ってあります。

sobasho8

弾力のあるそばと紅ショウガ入りのかき揚げ

で、今回注文したのがこちら、天ぷらそば(400円)。最初はきつねそばにしようと思っていましたが、値段が同じとなればやっぱりこちらを選んでしまいますよ。

sobasho4

別角度から。なかなか食べ応えありそうなかき揚げです。

sobasho5

そばリフト。色はやや濃い目です。

sobasho6

ここのそばは独特の食感があります。コシがあるというよりは弾力がある感じ。といってもイヤな食感ではなく、こんなそばもあっていいかも…と思わせるタイプ。やや甘めのつゆとの相性もいいです。食器を下げる際に厨房内を見たのですが、どうやら冷凍麺を使っているようですね。かき揚げは一般的なタマネギ、ニンジンの他に紅ショウガが入っているのが特徴。これがいいアクセントになっています。「そばは手打ちの打ち立てに限る!」といった方にはオススメできませんが、私は結構好きで、近くに来る用事があると必ず立ち寄ります。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4(気に入った!)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都港区虎ノ門5-1-5 虎ノ門45MTビル B1F
◎交通手段:東京メトロ日比谷線「神谷町駅」直結
◎営業時間:[月~金]7:00~17:00
◎定休日:土日祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告