【週間日記】2017年10月29日(日)~11月4日(土)

<前週はこちら>

10月29日(日)

朝8時10分起床。昨日、飲み過ぎて起きたらこんな時間。先週からの原稿制作の続き。朝食のそばを食べながら録画しておいた「ゴッドタン」。今回は「上品芸人ハメ外しクラブ2017」ということで、日頃はテレビのルールを守って日々番組を成立させることに勤しむ“上品芸人”の麒麟の川島、ハライチの澤部が出演。ハメを外すという企画。「暴れん坊ひな壇」というコーナーのネーミングが秀逸だった。その後、仕事の続き。途中、こんな記事を読んだら、一番搾りを飲んでみたくなった。

夕方、台風22号の接近に伴って雨が強くなって来たので、本日は外出はせずおとなしく家にいることに。パックのキンミヤで宅飲み。

10月30日(月)

朝6時15分起床。台風一過で青空。ただ風が強く、ニュースによると木枯らし1号が吹いたそう。先週からの原稿制作の続き。朝方に水曜日取材のものをアップ。火曜日取材のものは構成に出す。昼頃木曜日取材のものをアップ。15時30分過ぎに家を出て郵便局に寄った後、酒場へ。常磐線が強風のために遅れていたため、いつもよりも30分早く出たのに結局入店したのはいつもと同じ16時50分ぐらい。先客はジッポ氏と見たことのない一人客。後から空色自転車氏、男性二人組、セブンさん、ポーチ氏が来店。18時過ぎに定量の酎ハイ4杯を飲み終え店を出て帰宅。その後、20時過ぎからテレ東「世界!ニッポン行きたい人応援団」を見る。今回来日したのは、宮本武蔵を愛し「ニッポンの道場で剣術の稽古がしたい」というアルゼンチン女子中学生。この女の子が純粋というか、宮本武蔵に対する尊敬の気持とか、剣術に対しての真剣な思いが伝わってきて、なんだかウルッと来てしまうシーンも。その後、エチゴビールの「スタウト」を飲む。最初に黒ビール独特の香ばしさとコクを感じ、その後ホップの爽やかさが追っかけて来て、香ばしさが消えていく。スッキリとした飲み口。飲みながら、録画保存しているマリコンヌ&ヤッシー リンボーダンスSHOWとか「ゴッドタン」のマジウタ名曲メドレーを見る。

10月31日(火)

朝6時20分起床。オリーブオイル特集をやっていたNHK朝イチの影響を受け、朝食は流水麺のそばにオリーブオイルをかけ、さらに塩昆布を一つかみほど乗せて食べてみる。流水麺なので、ウマイ!というほどでもなかったがまずくはない、ぐらいの印象。午前中、金曜日に発注された原稿をアップ。そしてはてなブログを見ていたら、以下の記事を発見。

早速聞いてみたところ、ハライチ岩井のトークに引き込まれる。特にパンサー向井をテーマにしたトークがいい。岩井はどちらかというとトークベタなイメージを持っていたが、とんでもない思い違いだった。こんなに才能があったのか!午後、Amazonプライムで「女が眠る時」(ウェイン・ワン監督)を見る。出演は西島秀俊、ビートたけし、忽那汐里。意味がわからない映画だったがベッドの下からの視点が印象的。ああ…これだけじゃ何のことかわからないな。たけし演じる初老の男性と忽那演じる若い女性の奇妙なカップルに好奇心を抱いた西島は、二人が外出をしたすきに宿泊しているホテルの部屋に忍び込む。しばらく部屋を物色していたところ、忽那が部屋に駆け込むようにして帰ってくる。慌ててベッドの下に隠れる西島。カメラはベッドの下にいる西島の目線で部屋を歩き回ったり、ベッドに腰掛けたりする忽那の足下を追う…というシーンが結構ドキドキして刺激的だったということ。忽那汐里のくるぶしというかアキレス腱辺りがキリッと引き締まって美しく、それでこの映画のヒロインに選ばれたのではないかと思うほど。本日は出かけず22時ぐらいからハライチ岩井のトークを聞きながらキリンの一番絞りとキリン一番搾り「とれたてホップ」を飲み比べ。基本は同じだが「とれたてホップ」の方がフルーティな香りが強い。

11月1日(水)

朝6時20分起床。急に写真家ソール・ライターのことが気になって関連ブログを巡回。このブログが秀逸。

こんな写真が撮れるようになりたい。午後、近所の100均ショップで布製ガムテープを買って来てレコードを買い取ってもらうための発送の準備。途中までやって15時半ぐらいに家を出て酒場へ。16時20分ぐらいに入店すると先客はビリケンさんほか一人客が4名。幸い、いつもの席は空いていたのでホッと一息。テレビでは本日始まった特別国会からの中継。その後、シブ5時になる。後から一人客が何人か来店したが今日は出来るだけ他の客のことは気にしないようにした。定量の酎ハイ4杯を飲むがもの足らず熱燗を1本追加。17時40分頃に店を出る。孤独のグルメの原作漫画の第一話に登場した「きぬ川食堂」の入口には廃業のお知らせが貼ってあった。帰宅後、早めに就寝。

11月2日(木)

朝1時半ぐらいに目が覚める。眠れないのでAmazonプライムで「全員、片思い」を見る。片思いにまつわるアンソロジー作品。第一話の主役はNHKの朝ドラ「ひよっこ」で米屋の娘役を好演した伊藤沙莉。ハマリ役というか、彼女のキャラありきでストーリーを作ったのではないかと思うほど。特に声がいい。また第6話では、清水富美加が微妙に揺れ動く年頃の女の子を実に見事に演じていて、引退はもったいないと思う。5時過ぎに再度寝床に入り少しウトウトし6時10分に起床。午前中はブログ作業など。13時20分ぐらいに家を出て打ち合わせに半蔵門へ。14時過ぎ麹町に到着し「そばうさ」でバジルそば(冷)。なるほど、こんな感じなのか。打ち合わせは15時から1時間ほど。半蔵門線、都営新宿線、日比谷線と乗り換えて酒場へ。16時55分ぐらいに入店すると先客は男性二人組と一人客がジッポ氏、ロイド氏ほか2名だったか。いつもの席が空いていたのでホッとして飲み始める。ただ一つイスをはさんだ隣の席で、ジッポ氏が1ヶ月に1回ぐらい来る40代女性一人客に、下町酒場通のナイスミドルを気取って盛んに話しかけていて辟易。普段はこういうことをしない人なんだけどなぁ…。もう一人、本日気になったのが17時20分ぐらいに来店した50代ぐらいの男性一人客。入店後、「瓶ビール」と注文したくせに大将が大瓶を持ってくると「小さいのにしてくれ」と小瓶を要求。最初から言ってよ。それを飲み終えると「あの、こうじとり焼酎というやつを…お湯割りできるの…」と“粕取り(かすとり)焼酎”を読み間違えてオーダー。そして、この店は撮影禁止なのだが大将の目を盗んで、ポケットからデジカメを取り出して盛んに撮影する。普段なら大将がめざとく見つけて注意するので、早く見つかって怒られればいいのに…と思う。しかしこの男性、よほど運がいいと見えて大将にみつからない。あと、別の男性一人客が「私三重県から来たんですが、故郷のキンミヤが東京のお店に置いてあるなんて感激しました。」と興奮気味に大将に話しかけ「東京じゃあどこでもありますよ」と言われていた。私は逆に四日市に行ったときに飲み屋にあまりキンミヤが置いてなくてガッカリしたが…。テレビのシブ5時ではメジャリーグのワールドシリーズで先発したダルビッシュがKOされてアストロズがシリーズ初制覇したニュースとか、気象予報士の福岡さんが筑波山で栽培されているミカンを食べて酸っぱいと顔をしかめてたシーンとか。定量の酎ハイ4杯を飲み終えお勘定。その際に我慢しきれず店内を撮影していた男性に「この店は撮影禁止なので注意した方がいいですよ」と一言声をかける。出過ぎたマネかなとも思ったが「ああ、そうなんですね」と納得してくれようなので良かったかなと。頼むからネットに写真をアップしないでね。18時過ぎに店を出て帰宅。

11月3日(金)

朝5時20分起床。文化の日。晴れて穏やかな一日。水曜日に写真家・保井崇志さんの写真を見て以来、彼の愛用する富士フイルムのX-T2とかX-T10といったデジカメに興味が出てしまい、中古価格を調べてみる。X-T2は12万円強でX-T10が4万円強。レンズもXF35mmF1.4 Rというのだったら4万円強。今は手が出せないな。17時過ぎに家を出て板橋本町の「きんぎょ」へ。開店15分後ぐらいに入店したが、すでに先客は5名と盛況。キンミヤのボトルと炭酸を頼み酎ハイにして飲む。つまみは味噌キャベツ、納豆油揚げ焼き、タコブツ。1時間半ほど飲んで帰宅。

11月4日(土)

朝7時15分起床。薬はあと1週間分あるが、来週忙しくなりそうなので10時半過ぎに家を出て病院へ。3連休の中日なのですいていると思ったら激混み。なぜ? 1時間近く待ってようやく診察。血圧を測った後、先月やった健康診断の結果の報告。メタボを指摘され、酒量を減らすようアドバイスされる。帰りにラーメンでも食べて帰ろうと思っていたがやめて、昼食は自宅で流水麺のそばに。その後はブログ作業など。17時過ぎに家を出て中板橋の「焼鳥やっちゃん」へ。夕方から急に雲が広がり、小雨模様となり結構寒い。キンミヤのボトルを頼み酎ハイ。つまみはキャベツ味噌、青のり温豆腐など。1時間半ほど飲んで帰宅。「ブラタモリ」の洞爺湖編を見る。

<次週はこちら>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告