【立ち食いそば】西新宿「丸や」人気店「そば処 大橋や」のすぐ近くにある立ち食いそば店。

今回は西新宿の立ち食いそば店「丸や」をご紹介します。

西新宿の青梅街道沿い

場所は西新宿の青梅街道沿い。東京メトロ丸ノ内線の「西新宿駅」からだと徒歩3~4分というところでしょうか。すぐ2~3軒ぐらい先には人気立ち食いそば店として知られる「そば処 大橋や」があります。店の入口は道路に面していなく、ビルのエントランスを少し入ったところにあります。

入口左にはサンプルが並ぶショーケースがあります。

この日入店したのは午後2時50分頃。店内は薄暗く、雑然とした印象。先客は近くのビジネスマンを中心に学生3人組、外国人女性など6~7名と、お昼のピークを過ぎた時間にしては結構な入り。入口すぐ左に一人ぐらいのスペースの立ち食いカウンターがあり、その先に2席のイスありカウンター、そして左側は店の奥までカウンターが伸びていてオフィス用イスが10脚ほど置いてあります。その他、注文カウンターも立ち食いしようと思えばできるので、キャパは18~19名ぐらいでしょうか。入ってすぐ左にある自動券売機で食券を購入し、注文カウンターで食券を渡して注文するシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が240円、「かき揚げそば・うどん」が360円と、やや安目の価格設定となっています。

待つこと6~7分でようやく登場

食券を持って注文カウンターに行くと、店を一人で仕切っている店員さんは背中を向けて何かの下準備作業中。30秒ぐらい立って待っていたら、チラッと振り向いて「食券を置いて待っててください。出来上がったら呼びますから」とのこと。「あったかいそばでお願いします」と言って食券をカウンターに置き、自販機のすぐ横のカウンターの端っこに座ります。私の2分後ぐらいに40代ぐらいの男性客が来たのですが、店員さんはまだ作業中で、私と同じことを言われていました。そして待つこと5分。カウンター内からは「ミニ鶏から丼セットの方」という声。どうやら私の少し前に入店した学生3人組が結構手間がかかるものをオーダーしたようですね。店員さん、鶏唐に手間取っていたのかも。で、6~7分ぐらいは待ったでしょうか。ようやく呼ばれて出てきたのがこちら。「いか天そば」(340円)。

上から。中央にいか天。その横に青ネギとワカメが添えられています。

それではいただきます。まずつゆを一口。色は比較的濃いのですが、なんか味が薄いですね。出汁の風味は感じられません。そばは細目で柔らかくコシはなし。おそらく揚げ置きだと思われるいか天は、衣がつゆを吸ってブヨブヨ。まあ、それはそれでウマさが増すんですが、つゆの味が薄いのでイマイチですね。さらにイスが低いため、座るとカウンターが胸の高さまで来て、丼との距離が短くて食べづらい。出てくるまでかなり待たされた上にこれですか。ここまで来ると逆に楽しくなってきました。でも意外だったのは、食べている間にもお客さんがポツリポツリとやって来ること。すぐ近くの「大橋や」の激混みぶりを嫌ったお客さんが流れてきているのかな…。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★☆☆☆ 2.6(う~ん)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都新宿区西新宿8-19-1
◎交通手段:東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」徒歩3分「都庁前駅」徒歩5分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告