【カップ麺】東洋水産「麺ダイニング 担担麺」醤油ベースのピリ辛で、コクのある担担スープはなかなか。

東洋水産の「麺ダイニング 担担麺」は、醤油ベースのピリ辛で、コクのある担担スープが楽しめるカップ麺です。

東洋水産の「麺ダイニング」シリーズは2017年8月に発売になりました。この「担担麺」の他、「ワンタン麺 醤油味」「ちゃんぽん」の全部で3種類。オープンプライスですから店頭では100円程度で販売されるものですね。フタのデザインは3種類がほぼ共通で、テーブルの上に出来上がり例の丼が載っているというもの。この担担麺は、黒の丼に真っ赤なスープが映えています。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「粉末スープ」「液体スープ」「かやく」の3つの小袋。

中はこんな感じ。

さて感想は。

「粉末スープ」と「かやく」をカップに入れて、熱湯を注ぎ、5分後にフタを開けて「液体スープ」を加えれば出来上がり。

麺リフト。

さて、いただきます。まずはスープを一口。醤油ベースのピリ辛で、コクのある担担スープですね。さらっとすっきりしています。次に麺。いかにもカップ麺というオーソドックスな油揚げ麺でモサッとした食感。スープは進化しているのに、麺は昔ながらというギャップを感じました。このスープにはマルちゃん正麺の麺の方が合うと思いますが、コストの関係でそんなことはできるはずはないですね。かやくはごま、味付鶏挽肉、チンゲン菜。そのうちゴマと挽肉は味と食感にアクセントを加えてくれるナイスな脇役。ただチンゲン菜は申し訳程度しか入っていません。とはいえ、100円程度で販売されているカップ麺としてなかなかクオリティが高いスープでした。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.1(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:オープンプライス
◎内容量:95g(めん65g)
◎カロリー:427kcal
◎発売日:2017年8月7日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告