【立ち食いそば】新大塚「ゆで太郎 新大塚店」「もりそば」がまさかの15分待ち!3分ちょいで完食。

ゆで太郎 新大塚店」は「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の3たてがウリのお店。本来ならサクッといただけると思ったんですが…。

全国に約200店舗を展開する「ゆで太郎」

「ゆで太郎」は信越食品株式会社と株式会社ゆで太郎システムが関東地方を中心として全国に約200店舗展開している立ち食いそばチェーン店です。これまでこのブログでは以下の4店舗をご紹介しました。

大島「ゆで太郎 大島店」は都営新宿線「大島駅」A6出口から出てすぐにあります。 日に焼けて藤色になった看板が目印 新大橋通りと丸...
関東地方を中心に全国に180店舗以上を展開している“ゆで太郎”。その特徴は挽きたて・打ち立て・茹でたてという蕎麦の「三たて」を徹底するため店...
今回は「ゆで太郎 渋谷宮益坂店」をご紹介します。 場所は渋谷の宮益坂を8分ほど登ったところ。 渋谷駅から行くと道路の右側です...
今回は「ゆで太郎 飯田橋店」をご紹介します。 この日は夕方から飯田橋と九段下の中間ぐらいのところで仕事。 この辺りだと「むさ...

丸ノ内線「新大塚駅」から徒歩2分

今回伺った「新大塚店」は、東京メトロ丸ノ内線「新大塚駅」から徒歩2分。一番出口から出たら左手の春日通りじゃない通りを大塚方面に1~2分いったところ。青い看板が目印です。

店内に入るとすぐ左手に自動券売機が2台並んでいます。ここで食券を購入して、店の中央部分にある注文カウンターで店員さんに渡し、半券をもらって出来がりを待つシステム。値段はベースとなる「かけ・もりそば」が320円で「かき揚げそば」が420円。

自動券売機のすぐ先には製麺場。ガラス張りで中が見えるようになっています。

店内は入口付近の右壁際にカウンター席が6席。中央から奥にかけてテーブル席となっており、4人掛けテーブルが4つ、6人掛けテーブルが1つ。あと2人掛けテーブルが1つあったと思います。というわけでキャパは30名程度。

10分経過しても呼ばれる気配なし

この日入店したのは13時10分頃。食券を購入し注文カウンターに持って行く際に店内を見渡すと、20人強いたお客さんの半分以上の人が出来上がり待ちをしているのがちょっと気になります。食券を店員さんに渡すと「少々時間をいただきます」という声。まあ4~5分ぐらい待つのだろうと思って入口付近のカウンターで待ちますが、5分過ぎても、10分過ぎても呼ばれる気配がありません。カウンターの上を見ると「日替わり得セット 500円」とのPOP。もしかしたら、このキャンペーンのせいでセットを頼む人が多くて、出来上がりが遅れているのかも。

そしてようやく番号を呼ばれたのは15分後。で、注文カウンターで受け取ってきたのがこちら。「もりそば」(320円)。

以前はネギの横に盛られていたわさびはなく、注文カウンターの先にある、調味料や天かすが追加できるコーナーから小袋タイプのわさびを取る方式に変わっていました。そばを上から。

いやぁ、いわゆる立ち食いそば店で15分も待ったのは久々ですよ。でもこの日は時間的に余裕があったので、あ~待ったなぁ…ぐらいの感想。ただ、オペレーションは改善の余地ありですね。丼が付くセットものとそば単体ものを分けるとか。でも、人手不足なんでしょう。さて、いただきます。まずはそば。店内で打ったやや細目のそばです。茹でたてで冷水でキリッとし締めてあり、のど越しがいい。やや辛めのつゆも好み。待った分、ガッついてしまって3分ちょいで完食。最後は残ったつゆにそば湯を加えていただいて、ごちそうさまでした。そばは大変美味しゅうございました。

<私の評価(5段階)>
★★☆☆☆ 2.5(う~ん)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都豊島区南大塚2-25-13
◎交通手段:地下鉄丸ノ内線「新大塚駅」から徒歩2分
◎営業時間:7:00~23:00
◎定休日:なし

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告