【立ち食いそば】東京駅「グル麺 東京」東京駅の東海道新幹線ホームにある立ち食いそば。

グル麺 東京」は、東京駅構内の東海道新幹線ホームにある立ち食いそば・うどん店。新幹線に乗る前に、また到着後すぐに食べることができるロケーションが魅力です。

運営はJR東海の関連会社。名古屋、大阪にも展開

場所は「東京駅」東海道新幹線の18・19番ホーム上で、上野寄りの14号車付近。JR東海の関連会社のジェーアール東海パッセンジャーズが運営しています。「グル麺」はこの東京駅にある店の他、名古屋駅下りホーム16・17番線14号車付近にある「名古屋グル麺」、新大阪駅下りホーム21・22番線4号車付近にある「大阪グル麺」と、いずれも東海道新幹線ホームに3店舗を展開しいています。

イチオシメニューはカツ煮そば・うどん

外にある自動券売機で食券を購入し、中に入って注文するシステム。もちろん交通系ICカードでの利用もOK! 東京なのに決済する部分にプリントされているのが「Suica」のマークではなく、「TOICA(トイカ)」となっているのがJR東海系会社が運営している店ということを感じさせます。

価格はベースとなるかけそば・うどんが290円と一般的ですが、かき揚げ(野菜)そば・うどんは500円とやや高め。そしてイチオシメニューはそば・うどんにカツ煮を乗せたカツ煮そば・うどん(570円)です。ちなみ「名古屋グル麺」のおすすめは「かけきしめん」(350円)と「特製かき揚げきしめん」(520円)、そして「大阪グル麺」は「なにわ満腹うどん・そば」(600円)と明石焼きうどん・そば(550円)。

そばはシマダヤの業務用そば

店内はL字型カウンターがあり、オールスタンディング。純粋な立ち食い店です。カウンターは白いテープで一人分のスペースに仕切ってあり、キャパは7~8名というところ。店員さんに食券を渡し、2分で出てきたのがこちら。ワカメそば(380円)。

上から。2つのきぬさやがワンポイント的にあしらってあります。

カウンター内を見てわかったのですが、そばはシマダヤの業務用。色はやや白っぽく、そこそこコシもあります。つゆはカツオ出汁香る関東風ですが色・味ともにどちらかというと薄目。ワカメは結構多めでありがたい。これといった突出した特徴はないものの、一定のクオリティの一杯でした。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3(普通)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札内
◎交通手段:JR東海道新幹線18・19番線ホーム14号車付近
◎営業時間:6:45~20:30
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告