【袋麺】アイランド食品「はせ川」煮干し香る淡麗醤油スープと、モチッとした食感の平太ちぢれ麺が楽しめる。

アイランド食品の「はせ川」は、福島県にある喜多方ラーメンの人気店「食堂 はせ川」のメニューを再現した袋麺です。煮干しの香り高い鶏ベースの醤油味のスープはスッキリ淡麗。そしてモチッとした食感が心地いい平太ちぢれ麺が楽しめます。

まずは見た目など。

この商品のモデルとなっているメニューを出している「食堂 はせ川」は福島県喜多方市の人気ラーメン店で、煮干しの香る醤油スープが特徴の「淡麗醤油中華そば」が看板メニュー。

この袋麺を開発・販売しているのは香川県綾歌郡に本社を構えるアイランド食品。看板シリーズである「銘店伝説」シリーズは、全国有名ラーメン店の人気商品を再現したもの。その特徴は、開発に当たってスタッフは店主に材料やレシピを一切教えてもらっていないこと。「絶対味覚」を持つ開発スタッフが、実際にラーメン店を訪問し、対象となるラーメンを味わってその「味の記憶」をもとに、さまざまな素材を組み合わせて味覚再現に取り組んで開発されています。パッケージはシリーズ統一の赤がベースとなったデザイン。

パッケージの裏の「ここにこだわって再現しました!」という部分には以下のような文が記されています。

煮干しの風味と麺の食感

煮干しの風味油を採用し、コクや独特な風味を再現しました。麺は喜多方風のもちもち感をだすことに力を入れました。

早速つくってみる。

袋の中に入っていたのは「ウェーブ麺」と書かれた麺が二束と液体スープが二袋。

麺の茹で時間は3分30秒~4分程度。その間に、どんぶりにスープと250CCのお湯を入れてよくかきまぜます。その際、あらかじめお湯で丼とスープを温めておくことが推奨されています。

さて感想は。

そして麺が茹で上がったら湯切りしてどんぶりに投入。別途用意した具材を加えれば出来上がり。今回はゆで玉子、茹でた小松菜、わかめ、ネギ、ゴマをトッピングしました。

麺リフト。平太ちぢれ麺です。

さて、いただきます。まずはスープを一口。ああ、煮干しの香りがして、スッキリとした鶏ベースの醤油味。とがったところがなく淡麗で実に優しい味ですね。喜多方を中心とした福島県には朝からラーメンを食べる「朝ラー」文化が根づいているそうなんですが、このスープだったら余裕で朝からいただけます。次に麺。ゆるやかな縮れ麺は口当たりが良くて、モチッとした食感。小麦の甘みもあってスープもしっかり絡んで来ます。というわけで、パンチはないけれどさっぱりとしていて、安心して食べられる一杯でした。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:410円(税抜)
◎内容量:麺120g×2、スープ47g×2
◎カロリー:421.6kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告