【立ち食いそば】銀座「かめや 銀座店」天玉そばだけじゃなく、とろろせいろもおすすめ。

銀座の「かめや 銀座店」は、都内に6店舗展開する「かめや」のうちの一つ。天玉そばが有名な店ですが、特に暑い夏には濃厚なとろろが楽しめる「とろろせいろ」もおすすめです。

銀座8丁目の路地裏

「かめや」は1971年に新宿思い出横丁で開業し、50年近い歴史を持つ路麺そば店です。現在は、思い出横丁の新宿店をはじめ、神田西口店・東口店、御徒町店、新橋店、そしてこの銀座店の合計6店舗を展開しています。かき揚げと温泉玉子を入れた、いわゆる「天玉そば」発祥の店としても知られています。場所は銀座8丁目で最寄駅は新橋。外堀通りから一本入った路地のビルの一階にあります。入口左にはメニューを紹介した看板があります。これによるとベースとなる「かけそば・うどん」が営業中の看板で見えませんが300円か310円。「かき揚げそば・うどん」が410円です。

入口手前には「夏のおすすめ」メニューが書かれた立て看板。まかないそばのイラストが貼ってありました。その向こうに見えるのが青森産長芋の箱。

この日入店したのは14時40分過ぎ。先客は男性5名。そのうち4名は近くの料理店の店員さんのようで、白の割烹着姿の方たちでした。自動券売機はなくて、奥の注文口で店員さんに直接オーダーして前金で支払いするスタイル。割烹着の人たちがまだオーダー中だったので後ろにつけて順番を待ちます。店内は入口から向かって右の壁際が直線カウンターとなっており6席。反対側の壁側には楕円形のテーブルカウンター2つあり、それぞれ4席と5席。合わせるとキャパは15席。3分ぐらい待って注文を告げ、支払いを済ませて空いていたカウンターで出来上がりを待ちます。カウンターの上の調味料は七味。

とろろたっぷりの「とろろせいろ」

待つこと2分ちょいで呼ばれて受け取って来たのがこちら。とろろせいろ(460円)。

そばアップ。

つゆ。刻みノリで見えませんがウズラの玉子とたっぷりのとろろが入っています。

さて、いただきます。まずはネギを半分ほどつゆに。そして、わさびをそばにつけて、つゆに浸して刻みノリ、とろろと共にいただきます。コシのあるそばに濃厚なとろろが絡み、かつお出汁風味が豊かなつゆと山芋の香りが口の中に広がっていきます。さっぱりとしていて、暑い日にはピッタリ。かめやには久々に来ましたが、相変わらずつゆがうまいですね。途中、うずらの玉子もいただき、サクッとそばを完食。最後に少し残ったつゆにそば湯を加えていただきました。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都中央区銀座8-5-22 805銀座ビル 1F
◎交通手段:東京メトロ・銀座線・新橋駅3番出入口から220m / 徒歩3分
◎営業時間:[月~金]7:30~翌4:00[土]11:00~17:00
◎定休日:日曜・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告