【袋麺】日清「横手風やきそば 2人前」B-1グランプリ殿堂入りのご当地グルメが家でも楽しめる。

日清食品チルドの「横手風やきそば 2人前」は、秋田県横手市で親しまれている、いわゆる「横手やきそば」をモチーフに商品化したもの。太めの麺とやや甘めのソースが特徴です。

imgp4479_2

横手やきそばとは?

横手と言えば「かまくら」をすぐにイメージしますが、横手やきそばってどんなやきそばなんでしょう。パッケージに書いてある説明によると…。

昭和28年ごろに原型が完成したと言われており、現在では、秋田県横手市内の約50店舗で提供されているご当地焼そばです。もちもちとした太めのゆで麺、だしのきいたやや甘めのソースで炒め、目玉焼きをのせ、福神漬を添えるのが横手やきそばの特徴で、地元の味として広く親しまれています。

この横手市民のソウルフードの名を一躍全国区にしたのが2009年に開かれたB-1グランプリ第4回横手大会。「横手やきそばサンライ’S」という団代がこの大会で優勝し、殿堂入りしたのがきっかけ。現在、横手市では横手やきそば店の協同組合「横手やきそば暖簾会」が中心となって焼そばでの町おこしに力を入れています。公式サイトを見ると、この暖簾会の加盟店は2016年5月現在で48店舗あります。

imgp4489_2

早速つくってみる。

パッケージ裏に書いてある作り方に沿ってつくり、出来上がったのがこちら。具はキャベツ、タマネギ、豚バラ肉(メーカーでは豚ミンチを推奨)、ニンジン。目玉焼きは別途つくったものですが、添えてある福神漬けと振りかけてあるあおさは商品に添付されているものです。

imgp4438_2

麺リフト。麺はやや太めです。

imgp4449_2

さて感想は。

麺はもちもち。甘辛いソースが絡んで優しい味です。焼きそばって結構味が単調になりがちなんですが、トッピングした目玉焼きの黄身を絡めるとまた違った味が楽しめます。それに添付の福神漬けがいいアクセントとなって最後まで飽きずに食べられますね。ごちそうさまでした。

<商品データ>
◎価格:315円(税別)
◎内容量:402g(麺340g)
◎カロリー:334kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告