【袋麺】越後屋重兵衛「上越とんこつ醤油らーめん」新潟県上越市のご当地ラーメンを商品化!とにかく麺がうまい。

越後屋重兵衛「上越とんこつ醤油らーめん」は、新潟県上越市のご当地ラーメン「とんこつ醤油らーめん」を商品化したものです。

imgp8656_2

上越市民御用達のラーメン

この商品の販売元は株式会社越後屋重兵衛で、製造元は株式会社松代そば善屋。これらの会社につきましては以下の記事で書きました。

越後屋重兵衛の「佐渡あごだしらーめん」は、新潟県佐渡の名産アゴ(トビウオ)を焼いてから干してつくる「あごだし」のスープが特徴のラーメンです。...
株式会社越後屋重兵衛から発売されている「燕三条背脂らーめん」は、新潟の燕三条で昔から食べられてきた背脂タップリの醤油ラーメンを商品化したもの...

製造元であり、新潟県十日町市でそばなどの麺類を製造・販売している「株式会社松代そば善屋」の通販サイトを見ると、このラーメンは次のように紹介されています。

豚のうま味を凝縮した上越御用達とんこつスープ。豚骨のうま味たっぷりのスープに、醤油を絶妙なバランスで加え合わせました。これぞ、上越市民御用達のラーメンです。お店の味を思い起させる個性的なスープと、スープに負けないコシのある太麺を合わせた絶品ラーメン。

パッケージを見ると監修は上に紹介している「佐渡あごだしらーめん」と同じで「らーめん たかみち」というお店。運営母体は株式会社ティーエムフードプロという会社。新潟県内でこの「らーめん たかみち」をはじめ、「拉麺厨房 福麺」「麺食堂 なるとや」「肉拉麺 SEN」「拉麺伝 武神」といったラーメン店を展開しています。

imgp8666_2

早速作ってみる。

袋を開けると出てきたのが麺と上越豚骨スープ2人前。見た目はすごくシンプルです。

imgp8676_2

麺のゆで時間は6分。その間にどんぶりにスープをあけて、250ccのお湯を注ぎ、スープを作っておきます。そして茹で上がった麺を入れ、最後に別に用意した具材(豚肉とキャベツ、もやし、ニンジンを炒めたもの)、ネギ、のりをトッピングして出来上がりです。

imgp8691_2

麺は太麺。

imgp8725_2

さて感想は。

まず麺がうまいですね。さすが、良質な小麦粉と新潟の良質な水にこだわって麺を製造している松代そば善屋の手によるものです。そして豚骨醤油スープもなかなかのクオリティ。ベースの豚骨スープに醤油が実にいい感じでブレンドされていて、麺のうまさを引き立てています。越後屋重兵衛の棒ラーメンはこれで3種類いただきましたが、どれも個性豊かで今度はどんな味なんだろうと食べるのが楽しみになってきますね。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4(気に入った!)

<商品データ>
◎価格:300円(税別)
◎内容量:220g(めん73g×2束)
◎カロリー:377.1kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告