【カップ麺】「日清のどん兵衛 旨辛ラー油仕立て 鶏だし太そば」しっかり辛いラー油仕立てのつゆが太目のそばに合う!

日清のどん兵衛 旨辛ラー油仕立て 鶏だし太そば」はラー油仕立ての辛目のつゆと、どん兵衛史上最も太いまっすぐなそばが特徴です。

ラー油仕立てということでパッケージは赤系。そして真っ赤な「どん兵衛」のロゴのバックは何か微妙な色。これは何色と表現すればいいんだろうと思い、いろいろ調べて見たところ、日本の伝統色というサイトに行き着きました。ここに紹介してある、黄色がかかった薄い赤を表す「朱華(はねず)」という色が近い感じ。もしくは「赤支子(あかくちなし)」かな。いずれもルーツは平安時代。ジャパニーズ・トラディショナル・カラーですね。

早速つくってみる。

フタを開けると出てきたのは「かやく」と「液体スープ」の二つの小袋。「かやく」の中味は鶏つくねとあげ玉、そしてネギ。

そばは通常のどん兵衛より太め。

さて感想は。

かやくを入れて熱湯を注ぎ5分。通常の「どん兵衛」のそばは3分ですけど、麺が太い分だけ湯戻し時間がうどん並みですね。フタをはがして「液体スープ」を投入し、よくかき混ぜたら出来上がり。おぉ、食欲をそそる真っ赤なビジュアル!

そばリフト。太目でしっかりとエッジが立っています。

まず、つゆを一口。おっ、ピリ辛というよりしっかり辛いですね。予想以上にラー油の主張が強く、鶏だしの風味はあまり感じられません。といっても中途半端に辛いつゆより、このぐらい辛い方が全然いいですよ。次にそば。「どん兵衛史上最太」とのうたい文句だったので割と期待していたんですが、見た目は1.2倍~1.3倍ぐらいで、いつものヤツよりやや太いなぁ…ぐらいの感じ。でもすすってみると確かなコシと歯ごたえがあります。そば自体の味もしっかりと感じられ、辛いつゆにも負けない存在感がありますね。なるほど日清はそのために太くしたのか。66gと通常の「どん兵衛」の72gよりもやや少ないのに関わらず、食べ応えがありました。具は鶏つくねが7~8個。直径1.5センチぐらいのものもあり、味はカップ麺の具なのでそれなりですが、食べ進めるに当たっていいアクセントになってくれます。あげ玉はもっと量がほしかったかな。とはいえ、甘辛でなく、しっかりと辛いつゆが気に入って最後の一滴まで飲み干して完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:180円 (1食/税別)
◎内容量:100g (麺66g)
◎カロリー:411kcal
◎発売日:2016年11月7日(月)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告