【袋麺】アイランド食品「喜多方ラーメン はせ川」あっさりとした醤油味のスープとモチモチの麺との相性が抜群!

アイランド食品の「喜多方ラーメン 食堂はせ川」は、人気喜多方ラーメン店「食堂はせ川」のメニューを再現した商品です。

「銘店伝説」シリーズは、香川県綾歌郡に本社を持つアイランド食品が開発・発売している
全国の有名ラーメン店の人気商品を再現した商品。その特徴は、開発に当たってスタッフは店主に材料やレシピを一切教えてもらっていないことです。「絶対味覚」を持つ開発スタッフが、実際にラーメン店を訪問。対象となるラーメンを味わってその「味の記憶」をもとに、さまざまな素材を組み合わせて味覚再現に取り組んで開発されています。このブログでは以下の商品を紹介したことがあります。

今回はアイランド食品の銘店伝説シリーズ「らーめん天神下大喜」をご紹介します。 「銘店伝説」シリーズとは? 香川県綾歌郡に本社を持...
アイランド食品の「札幌味噌ラーメン桑名」は、札幌市の人気ラーメン店「桑名」の味噌ラーメンを再現した商品です。 「銘店伝説」シリ...

パッケージは赤がベースのシリーズ全商品共通のデザインです。

早速つくってみる。

袋を開けると入っていたのは麺とスープが2つずつ。

麺をお湯で3分半~4分程度茹でます。その間に、どんぶりにスープと250CCのお湯を入れてよくかきまぜます。その際、あらかじめお湯で丼とスープを温めておくことが推奨されています。そして麺が茹で上がったらどんぶりに投入します。

さて感想は。

具材としてキャベツと玉ねぎ、豚肉を炒めたもの、小松菜のおひたし、ねぎ、玉ねぎを細かく刻んだものを加え、のりをトッピングして出来上がり。

麺リフト。この通り、平太のちぢれ麺です。

さて、いただきます。スープは煮干の香りと鶏の風味が漂う醤油味。あっさりしていて丸みがあり、ゴクゴクと飲めるタイプです。そのスープがモチモチッとして柔らか目の平太ちぢれ麺によく絡み、噛みしめると麺自体のうまさも感じます。麺の食べ応えはあるのですが、スープがさっぱりしているので、これは朝から食べてもOKですね。喜多方ラーメンでは、一般的にはチャーシュー、ねぎ、メンマといった具を加えるのですが、今回はキャベツと玉ねぎ、豚肉を炒めたものをトッピング。でもスープや麺との相性も良く、全然違和感なくいただけました。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.7(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:410円(税抜)
◎内容量:麺120g×2、スープ47g×2
◎カロリー:421.6kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告