【袋麺】五木食品「熊本赤辛ラーメン」熊本ラーメンに適度な辛さをプラスし辛旨ラーメン。

五木食品の「熊本赤辛ラーメン」はコチュジャン、豆板醤、唐辛子の辛味に、チキン、ポークの旨味を合わせた、辛旨スープの袋麺です。

この商品は熊本市に本社がある五木食品が製造・販売しています。140年近い歴史がある会社で、代表的な商品は発売以来50年以上にわたって愛され続けている即席棒状ラーメン「アベックラーメン」。この商品はこの会社が何種類か出している棒ラーメンの一つで、このブログでは「博多おっしょいラーメン」をご紹介しました。

五木食品の「博多おっしょいラーメン」はストレートの細麺と、あっさりしたクセのない豚骨白湯味が特徴の袋麺です。 この商品を製造・...

パッケージは赤がベース。表には実にいろんなことが書かれています。まず中央にドーンと毛筆タッチの赤で書かれた商品名。その横には「辛秘(しんぴ)の味わい」というわかるようなわからないようなキャッチコピー。その上に真っ赤な唐辛子の写真と「五木の子守歌」をモチーフにした会社のロゴ。下には調理例の写真。右中央には「がんばろう!くまもと」の文字と共に熊本市イメージキャラクター“ひごまる”のイラスト。その他にも「Wオイルで、深旨い」といった文字も…。裏には作り方や原材料など。こちらにも“ひごまる”のイラストがあり、「本品1袋につき1円を熊本城災害復旧支援金として、熊本市に寄付致します」とのこと。

早速つくってみる。

袋の中には麺と自社開発と書かれた液体スープ、そして辛味油。

作り方は500mlの沸騰したお湯に麺を投入。ほぐしながら約3分ほど茹で、火を止めてスープを加えてよくかき混ぜます。

さて感想は。

丼に移し、別途用意した具材を加えたら出来上がり。今回はチャーシューと茹でたキャベツ、わかめ、ネギ、のりをトッピングしました。

麺リフト。

さて、いただきます。あっ、辛味油を加えるのを忘れていました。辛味油を入れてまずはスープを一口。豚骨やマー油の風味と共に、唐辛子、コチュジャン、豆板醤系のほどよい辛さが口の中に広がっていきます。前日に食べたキンレイの「お水がいらない 旨辛チゲうどん」が激辛で、それに比べると辛さはありませんがその分豚骨系の旨さを感じます。次に麺。中太で歯ごたえが良く、滑らかないい食感。九州の会社のストレート乾麺ってホント美味しいですね。適度な辛さにひきずられて具材を楽しみつつどんどん食べ進んで完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.7(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:100円(税抜き購入価格)
◎内容量:114g(めん80g)
◎カロリー:386kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告