【立ち食いそば】板橋本町「なごみそば」茹でたての生そばが手頃な価格で楽しめる。

板橋本町の「なごみそば」は茹でたてのそばと、揚げたての天ぷらが手頃な価格で楽しめる路面そば店です。

仲宿商店街交差点角

場所は都営地下鉄三田線「板橋区役所前駅」A1出入口から徒歩1分。王子新道沿いの仲宿商店街交差点角で、隣はマクドナルド。2017年の春頃から休業されていましたが、7月には再開されたみたいです。

店を入ってすぐ左に自動券売機。ここで食券を購入し、注文カウンターで店員さんに渡してオーダーするシステムです。値段はベースとなる「かけそば」が330円、「かき揚げそば」が480円と「かき揚げ」がやや高めの印象。そばのみでうどんはありません。入口横や自動券売機を見ると、ミニ天丼セットとか、ミニカツ丼セット、ミニカレー丼セットといったミニ丼のセットメニューに力を入れているみたいです。

席は入口付近と階段を降りた半地下スペースの2ヶ所

この日入店したのは午後1時ぐらい。店内は段差がある変わったつくり。入口からすぐのスペースと、6段の階段を降りた半地下のスペースの2ヶ所に分かれています。まず入口すぐの左側、自動券売機の横のカウンターが2席。

その後ろ、右壁際のカウンターが4席。

そして階段を降りた左の壁際のカウンターが8席。中央奥にテレビ。右側のカウンターが5~6席で、その前のスペースが厨房になっています。合わせるとキャパは20名程度。半地下ですがご覧のように明るい雰囲気。

階段の横には「そばつゆ」と「そば湯」を入れたポット。今回は使いませんでしたが「そばつゆ」を追加できるのはありがたいですね。

そばは注文を受けてから茹で始めるスタイル

階段を降りてすぐ右にある注文コーナーで店員さんに食券を渡し、半券を持って階段上のカウンター席で出来上がりを待ちます。カウンターの上を見ると七味と一味、つぼ漬け。箸はリターナブル式のもの。

そばは注文を受けてから茹でるようで、やや時間がかかります。天ぷらも揚げたてみたいです(未確認)。そして待つこと約5分で出てきたのがこちら。「もりそば」(330円)。

なお、わさびは注文コーナーに小袋が置いてあるので、必要ならば自分で取るシステム。そばはこんな感じで、白っぽくつややか。この見た目、なんとなく「ゆで太郎」のそばを思い出しました。

さて、いただきます。そばは生そば。茹でたてでしっかりコシがあってのど越しもいいです。つゆはほどよい辛さの向こうにほんのりとした甘みを感じます。するするっと食べられてあっという間に完食。最後にそば湯をいただいて、ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.6(気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区仲宿64-4
◎交通手段:都営三田線「板橋区役所前駅」A1出入口から徒歩1分
◎営業時間:11:30~20:30
◎定休日:年中無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告