【カップ麺】ヤマダイ「ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン」ツルツルとコシのある麺と濃厚でコクのある味噌スープの相性がバツグン。

ヤマダイの「ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン」は、生麺のような食感が自慢の「凄麺」シリーズの一つ。ツルツルとしていてコシのある麺と濃厚でコクのある味噌スープの相性がバツグンのカップ麺です。

まずは見た目など。

パッケージはオレンジ色がベース。フタにはクラーク博士像とか札幌時計台、北大のポプラ並木?など、札幌を象徴する名所がオレンジ色に染まった感じに加工されている写真があしらわれています。

凄麺はフタの裏に「フタの裏ばなし」ということで、その商品にまつわるエピソードが書いてあるのですが、この商品のフタの裏にはこんなことが書いてありました。

開発担当者からのメッセージ

札幌濃厚味噌ラーメンは、今作で5代目です。今までよりも「もっと札幌らしく」をテーマに麺、スープ、具材すべてを見直しました。麺は従来よりも札幌ラーメンの特徴である独特のコシとスープに映える黄色みを強くしました。具材は札幌味噌ラーメンでよく使われるもやしのシャキシャキとした食感を追求した結果、調理済み具材になりました。スープは北海道産味噌を使用し、香辛野菜の“炒め感”を加える工夫をすることで、もやしとの相性を意識した味作りをしました。その結果、歴代の当商品の中で最も内容量の重いものになりました。商品を手に取ったときにズッシリとした重さを感じたでしょうか?

かなりの自信作のようですね。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「液体スープ」「かやく」、そして「調理済み具材(もやし&ニンジン)」。なるほど、この調理済み具材がズシッと重い原因だったんですね。

中はこんな感じ。

さて感想は。

「かやく」を投入して熱湯を注ぎ、5分後にフタを開けて液体スープと調理済み具材のもやし&ニンジンを入れれば出来上がり。

麺リフト。札幌ラーメンらしい黄色くて太めの麺です。

さて、いただきます。まず麺からというのが自分の基本パターンなんですが、今回はとにかくスープが気になったので一口。なるほど。濃厚でコクがある味噌味。これはゴクゴク行けるヤツですね。次に麺。ツルツルとしていてすすり心地が良く、生麺のようなコシ。さすが凄麺です。こだわりの調理済み具材のもやし&ニンジンはシャキシャキ。やはりフリーズドライしたもやしとは食感が違いますね。ポツンポツンと入っているコーンも何気にアクセントになってくれます。で、スープをゴクリ。そして麺と箸が止まりません。そして3分の2ほど食べ進めたあたりで用意しておいたチューブの摺りおろしにんにくを投入。スープににんにく風味が加わって先ほどまでとはまた違ううまさに。ということで最後の一滴まで飲み干して完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4.0(気に入った)

<商品データ>
◎価格:210円(税抜)
◎内容量:162g(めん65g)
◎カロリー:425kcal
◎発売日:2017年8月21日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告