【立ち食いそば】三鷹「いろり庵きらく アトレヴィ三鷹店」店舗限定「武蔵野うどん」あり!自販機ボタンがわかりづらいのが玉にキズ。

いろり庵きらく アトレヴィ三鷹店」はJR三鷹駅の改札内・改札外のどちらからでも利用できるお店。JR東日本系の日本レストランエンタプライズ(NRE)が展開するチェーン店の一つですが、この店限定メニュー「武蔵野うどん」があることでも知られています。

三鷹駅構内。改札内・外どちらからでも利用OK

場所はJR「三鷹駅」構内。改札内と改札外のどちらからでも利用できる作りです。改札内はトイレの横に入口があり、改札外は北口へと降りる階段の横に入口があります。この店の特徴は、他の「いろり庵きらく」にはない「武蔵野うどん」があること。このように入口横にポスターもあります。

この日入店したのは14時頃。改札内の入口から入りました。せっかくなので「武蔵野うどん」でもいいかな、と思って入口入ってすぐにあった自動券売機を見たのですが、「武蔵野うどん」が見つからなかったので「ざるそば」(350円)をチョイスしました。

写真を撮ったのでじっくりと落ち着いて探してみると、「ざるそば」の下に「むさしのもりうどん」が!下の写真の赤で囲んだところです。

これは気づきづらい。まあ、自販機の仕様とか、NREの販売戦略とかで仕方ないのでしょうけど、せっかくの店舗限定ご当地メニューなのだから、もっと大きな写真入りボタンにした方がいいのに。あと「むさしの」は漢字にした方が絶対に視認しやすいはず。

キャパは57名とかなりの広さ

店内はかなりの広さです。カウンター席、立ち食いカウンター、テーブル席などがあり、キャパは57名。ちょうど店の中央に仕切りがあり、改札内・改札外の行き来ができないようになっています。購入した食券を持って注文口へ。自販機が厨房に直結しているのか、すでにざるそばが用意されており、あとはネギ、ワサビなどを小皿に盛って、待つこと20秒ぐらいでいただいたのがこちら。「ざるそば」(350円)。

トレイを持って空いていた壁際のカウンター席へ。チェックすると、調味料は七味唐辛子とすりゴマ。

そばアップ。

さて、いただきます。ネギを半分ぐらいつゆの器に入れて、わさびをつけていただきます。しなやかで喉ごしのいいそば。わさびもまずまずの利きです。刻みノリもいいアクセントになってくれます。ほんのりかつお出汁が香るつゆも楽しみながら食べ進め、残り4分の1は七味を振りかけサクッと完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都三鷹市下連雀3-46-1 JR三鷹駅 アトレヴィ三鷹内
◎交通手段:JR「三鷹駅」改札脇
◎営業時間:[月~金]6:30~23:00[土]6:30~23:00[日祝]7:00~22:00
◎定休日:年中無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告