【居酒屋紹介・昼間から飲める店】「晩杯屋 大山店」安さも広さも都内最高レベルの立ち飲み店。

昼間から飲める店シリーズ。
今回は「晩杯屋(バンパイヤ) 大山店」をご紹介します。

banpaiya1

地元民が見てきた!この地の居酒屋変遷

このお店の最寄り駅は東武東上線の大山駅。
場所は南口改札を出たら右側に進み、踏切を渡って遊座大山商店街に入り25mほど直進し、
その角を左に曲がった路地の右側にあります。
私は地元民ですから、1990年代から20年ぐらいこの地の居酒屋の変遷を見てきました。

この地に長くあったのが「居酒屋カルバーの祭(大五郎)」という店。
その不思議な名前につられて、2~3回入ったことがありますが、
結局勇気がなくて「カルバーの祭」とは何なのか聞けませんでした。
でも「ウチの2階は100人入れる」とお店の方が自慢されていたのは覚えています。

過去の写真を探してみたら変な角度ですが1枚出てきました。
撮影したのは…、データを見ると2006年2月。えっ、もう10年前!

2006_0211sanpo0082_2

それが2009年だったかのある日行ってみると閉店しているではないですか。

「祭は終わった」と思いましたね。

その後、2009年12月オープンしたのが『居酒屋革命』大山総本店

なんと、革命が始まったのです!

この革命という店、リサイクルブティックで成功を収め、酵素バー、宝石商など40以上もの事業を成功させてきたという某氏がプロデュースしたそうで、焼酎が無料飲み放題ということで当時結構な話題を集めました。が、私は一度も行ったことがありません。なんか入る気が起きなかったんですね。そして数年後閉店。

「革命は終わった」と思いました。

そして確か2013年5月に誕生したのがこの晩杯屋 大山店です。

つまみのほとんどが100円台!抜群のコスパでたちまち人気店に。

この晩杯屋のルーツは2009年8月に武蔵小山に開店した「立呑み晩杯屋」。
武蔵小山店は駅前再開発の影響で昨年移転しましたが、
移転前の店には私も何回か行ったことがあります。

大山店はその3店舗目としてオープンした店で、特徴はなんと言ってもその広さ。
1階は立ち飲みスペースで、2階はテーブル席となっており、席数は120!

私は1階の立ち飲み専門。
若いときと違って最近は知らない人に話しかけられたりするのはイヤなんで、
激混み時以外はある程度余裕を持って飲めるこの広さは嬉しいです。

「昼間っから晩杯屋」というキャッチフレーズで昼飲みができるのがウリ。
営業時間は平日15時から、土日祝は13時から。
そして注目すべきはその値段。
まずはこちらのメニューをご覧下さい。
1月31日、すなわちこの間の日曜日のものですね。

banpaiya6

ほとんどが100円台。一番高いのが「くじらベーコン」で490円。
しかも税込み価格! 一方、これは飲み物のメニュー。

banpaiya7

私はもっぱらチュウハイ(250円)。
ジンジャーの香りがほんのりするゴールデンチュウハイ(250円)も人気です。

ちょっとこの写真では見づらいですが、
ロマネコンティ 2,057,000-(205万7000円)
とあって、これが食べログなんかのレビューで皆さんの突っ込みどころになっています。

メニューは豊富。安いので気兼ねなく頼めます。

私は開店してからほぼ週1~2ペースで通っています。
気に入っている理由は、もちろん安くて昼間から飲めることもありますが、
店長さんをはじめキーとなる店員さんがきびきびして気持ちいいこと、
ヘンに話しかけてきたりするお客さんがほとんどいなくて客層がいいこと、
の二つも大きいですね。

この客層というのは重要なポイントで、
私は酒が好きで静かに飲みたいのであって、馴れ馴れしく話しかけてこられたり、
常連ぶった連中が声高にギャンブルの話をしていたりする店には行きたくないんですよ。

つまみ類ですが、行くたびにチョコチョコ撮影しているので、
手元に写真がたくさんありますが、そのうち最近撮影したものからいくつかご紹介します。

まずはかきの天ぷら(250円)。この店では高い方に入るメニュー。
オーダーするとき少し躊躇しました。

banpaiya3

新玉スライス(110円)とカツオのたたき(180円)。タマネギで隠れて見えませんが、カツオのたたきは1.5~2センチぐらいの切り身が5切ほど。

banpaiya4

冷やしトマト(110円)とイワシ刺(150円)。価格はうろ覚え。

banpaiya9

最近のお気に入りのイカのチリソース(150円)はニンニクが利いています。

banpaiya5

納豆の包み揚げ。おそらく150円くらい。

banpaiya2

目下都内で勢力を拡大中!

この「晩杯屋」、現在都内で急激に勢力を拡大しています。
調べてみると、

立ち飲み 晩杯屋 本店(武蔵小山)
立ち呑み 晩杯屋 中目黒目黒川RS店
晩杯屋 大井町店
晩杯屋 ゼームス坂上店
晩杯屋 大塚北口店
晩杯屋 大森東口本店
やきとり晩杯屋(祐天寺)

などがあります。
あれ、本店が武蔵小山と大森東口の二つある…。
さらに、上のメニューの一番下にも書いてありますが、3月上旬に新橋、高円寺に新店舗がオープンするようです。
私は専ら大山店ですが、近くに行く機会があれば他店へも足を運んでみようかなと。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区大山東町58-5
◎交通手段:東武東上線大山駅徒歩2分
◎営業時間:【平日】15:00~23:30 【土日祝】13:00~23:30
◎定休日:無休(年末年始は12月30日ぐらいから1月3日ぐらいまで休みでした)

<近くのこんなお店も紹介しています>

【居酒屋紹介】板橋区大山「縄文豚 串屋横町 大山店」キャパ90席の広さ!ウリの焼きとんはボリュームがあって味も良し。
千葉県を中心に、東京、埼玉、神奈川などに30店舗以上を展開する「串屋横町」。そのルーツは、肉屋の2代目として生まれた運営会社の社長が「うまい...
【居酒屋紹介・昼間から飲める店】「串焼き げん 大山北口店」休日は15時・16時から。キンミヤ一升瓶が何と2500円!
「串焼き げん 大山北口店」は、キンミヤ・宝・サッポロなど焼酎の一升瓶が2500円(税別)と格安で、酎ハイなど焼酎好きにはおすすめのお店。土...
【居酒屋紹介・昼間から飲める店】「鳥椿 大山店」野菜メニューも充実しパワーアップ!チンチロリンハイボール発祥の店
今回は「鳥椿 大山店」をご紹介します。 実はこの店、以前は「ひよっこ」という名前でした。 その当時は私も結構通っていたのです...
【居酒屋紹介】「かぶら屋 大山店」濃い目のチューハイでしっかり酔えるのでありがたい。
今回は大山の「かぶら屋 大山店」をご紹介します。 東京都内などに40店舗以上を展開するチェーン店 この「かぶら屋」は2002年8...
【居酒屋紹介・昼間から飲める店】「大山飛車角」充実したメニュー。店員さんも全員感じが良くて好印象!
今回は「大山飛車角」をご紹介します。 場所は遊座大山商店街の山手通り沿い 場所は遊座大山商店街のはじっこの山手通り沿い。 三田...
【居酒屋紹介・昼間から飲める店】「牛タン大衆酒場 べこたん 大山店」キンミヤ720mlボトルが1480円!肉系以外のツマミも豊富。
今回は板橋区大山の「牛タン大衆酒場 べこたん 大山店」をご紹介します。 場所は東武東上線「大山駅」から徒歩2分程度。アーケード...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告