【メシ屋&酒場紹介】創業から50年の歴史を重ねてきた徳島ラーメンを代表する店!「いのたに 本店」

今回は徳島県徳島市の中華そば「いのたに 本店」をご紹介します。

inotani5

徳島ラーメンブームの火付け役

このお店、徳島ラーメンがブレイクしたきっかけとなった店として知られています。
というのも、1999年に新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店し、
以後全国的に徳島ラーメンが知られるようになったから。

以上の情報は、このWikipediaによるものです。

徳島ラーメンには大きく分けて「茶系」「黄系」「白系」の3系統がある。戦後まもなく白系が誕生し、後に黄系・茶系と登場したといわれている。
茶系は「黒系」とも呼ばれ、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油で味付けし中細麺を用い、トッピングには豚のバラ肉・ネギ・もやしなどを使い、生卵を乗せるのが特徴である。新横浜ラーメン博物館に出店した「いのたに」がこの茶系だったことから、全国的には単に「徳島ラーメン」と呼んだ場合、概ねこの茶系ラーメンを指す。

この記述、実は以前にこの記事でも紹介しています。
http://notsushu.com/2016/01/05/post-5705/

創業は1966年ということですから、50年の歴史があるのですね。おお!

メニューは基本的には「中華そば」のみ

場所は徳島駅から徒歩約20分。

おそらく最短ではないでしょうけど、はじめての人でも一番間違いない行き方を紹介します。
徳島駅から眉山へのロープウェイ乗り場がある「阿波踊り会館」に向かって直進します。
途中新町橋を渡ると会館が見えてきますので、
その手前にある大通りの「新町橋二丁目」交差点を右折。
さらに10分ぐらいまっすぐ進んだ場所にあります。

行列必至の大人気店なんですが、
ウィークディで10時半の開店直後だったため、すんなり入れました。

店内はコの字型のカウンターが左右に二つ。
40席ですが、全体的にゆったりとスペースがとってあり広く感じます。

まずは入口すぐのところにある食券の販売機で
プラスチック製の食券を買ってカウンターで店員さんに渡すシステム。

メニューは非常にシンプル。基本的には中華そばのみです。

中華そば(大盛肉入)/700円
中華そば(中盛肉入)/650円
中華そば(大盛)/600円
中華そば(中盛)/550円
ライス/150円
生玉子(ヨード卵)/50円

というわけで、中華そば(中盛肉入)/650円を注文。

カウンターに座ると、店員さんが水を持ってきてくれて、その上にレンゲを置いてくれます。
待つ間に壁一面に貼ってある著名人のサインをながめます。
お笑い芸人をはじめ芸能人のサインがたくさんありますが、
中でも目立っているのが安倍総理のものですかね、やっぱり。

そして5分弱で出てきたのがこちら。

inotani1

アップ。見るからにうまそう!具はバラ肉の他にネギとシナチク。

inotani2

麺リフト。やや黄色っぽい中細のストレート麺です。

inotani3

豚骨醤油のスープはこの通り茶色。
一口すすると予想していたよりもさっぱりしていますが、しっかり旨みがあります。

inotani4

肉はチャーシューではなく、豚バラの生姜焼きみたいな感じで、
しょっぱ目に味付けしてあって食べ応えも十分。
気がついたらスープの最後の一滴まで飲み干していました。
さすが徳島ラーメンの名店です。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:徳島県徳島市西大工町4-25
◎交通手段:JR「徳島駅」から徒歩約20分
◎営業時間:[火~日]10:30~17:00(売切れ次第終了)
◎定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日休み)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告