【週間日記】2016年6月12日(日)~6月18日(土)

<前週はこちら>

6月12日(日)靴ひも.com

先日、愛用しているクラークスのデザートブーツのひもが切れてしまったのでアマゾンで靴ひもを探す。何でも揃うアマゾンなのですぐに見つかるかと思っていたが、このブーツ用は幅が5ミリぐらいで長さ65センチという結構特殊な仕様のため、なかなか適当なものが見つからずやや苦戦。しかし靴ひも.comという靴ひも専用通販サイトを発見し、何とか希望通りのモノをオーダー。靴ひもの色や材質、長さ、幅はもちろん、ひも先の加工の仕方まで選べるようになっている。受注生産なので1週間程度かかるらしいがまあしょうがない。しかし、靴ひもに特化したサイトって!どこまで商品カテゴリーが細分化しているんだと思う。夕方5時半過ぎに出かけ、「鳥椿 大山店」に。数年前まではよく通ったが久々に行ってみた。メニューが進化しており、より“使える”店になった印象。今後また通う店の一つにしよう。

toritsubaki5

6月13日(月)雨上がりの茅ヶ崎

午後5時半から茅ヶ崎で仕事。JRの駅からバスでさらに20分ぐらいの場所ということで、少し早めの2時15分ぐらいに自宅を出発。4時少し前に茅ヶ崎駅に到着。私は鶴見五郎率いる「国際プロレスプロモーション」のファンだったので、一時期は月イチのペースで、茅ヶ崎青果市場大会に通っていた。そのため結構この辺りの土地勘はある。ただある時期から行かなくなって、この日もたぶん1年、いや下手をすると2年以上ぶり。せっかく久々に来たのだから、仕事が終わった後にちょっと一杯やりたいと思い、駅近くの良さそうな飲み屋を数軒チェック。その後バスで仕事先に。朝から降っていた雨はやんだが、台風みたいな風。2時間弱で終わり、カメラマンさんに駅まで送ってもらうことになる。駅までのバスは1時間に2本しかないのでラッキーと思ったら、カメラマンさんがこの辺りの地理に不案内で、よくわからないがナビも役に立たなかったみたいで、結局着いたのは茅ヶ崎ではなく辻堂だった。ショッピングモールの巨大さには驚いたが、このきらびやかな施設に全く興味なし。駅の反対側に回って見るも、付近には良さそうな飲み屋がなさそう。しょうがないので電車で再度茅ヶ崎まで戻り、あらかじめチェックしておいた店のうちの一軒に入る。炭酸がほとんど効いていない酎ハイを4杯に、つまみは冷や奴、ポテサラ、ホウレンソウのおひたし。お客さんは地元の常連さんばかり。話題についていけるわけもなく、誰かが話しかけてくるわけでもなく、時々テレビをぼんやりと眺めながら1時間ほど。こういう疎外感も一人飲みの醍醐味なんだよなぁ。いいひとときが過ごせた。茅ヶ崎で高崎線、横浜駅で湘南新宿ラインに乗り継ぎ11時前に帰宅。

6-14-22

6月14日(火)集団リンチ

終日自宅。ワイドショーは東京都知事の話題で持ちきり。過去に集団いじめの加害者少年たちを激しく非難した司会者やレポーターたちが、薄ら笑いを浮かべながら都知事の過去の金銭疑惑などを紹介している。なんと醜いことか。東京オリンピックのエンブレムデザイナー、ベッキー、ショーン.K、都知事…と、マスコミも一般人も寄ってたかってギブアップするまでとことんいじめ抜く。集団リンチ。集団ヒステリー。そして、そのバッシングに耐えきれずターゲットがタップしたら、次のターゲットをどこかから見つけてくる。その繰り返し。確かに不正を明らかにして、その責任を追及する必要はあるが、こんな社会が正常だと思わない。辞任して選挙となると費用は45億円。それこそ税金の無駄遣い。面倒くさいし、誰も得しない。ワイドショーの司会者やレポーターさんよ、気をつけないと次の次の次ぐらいの標的はあんたかもしれないよ。夜、少し飲みたい気もしたが休肝日とすることに。写真は昨日横浜駅で撮影。

6-15_1

6月15日(水)ホーム&アウェイ

午前中、舛添知事は辞任を表明。鬼の首をとったかのような議員もいるが、都議会も日頃から知事の行動をしっかりチェックしていれば、こんなことでまた膨大な金を使って選挙をするようなことはなかったろうに。また選挙に行かなければいけないかと思うと実に気が重い。午後3時過ぎに家を出るとポロシャツだと肌寒い。午後4時半過ぎに酒場へ。月曜日に行けなかったので先週の金曜日以来。先客は4名。奥のカウンターの一番奥に座る。月曜日・茅ヶ崎で行った店がアウェイだとすると、ここはホーム。やはり落ち着く。酎ハイ4杯に、イワシの酢の物、小松菜のおひたし、エシャレット、キンピラ、白菜の朝鮮漬けで1時間ほど。帰ったら靴ひも.comからオーダーした靴ひもが届いていた。蜜蝋ありでやや光沢があってイメージしていたのと違ったが、まあ許容範囲内。

6-15-2-22

6月16日(木)梅雨らしい一日

午後4時から人形町で仕事。先週もすぐ近くで仕事があったが、続くときは続くもの。家を出る時はまだ雨が降っていなかったので傘を持たないできたが、午後3時過ぎに浜町に着いた頃からポツポツと降り出す。仕事が終了後、地下鉄人形町駅に向かう途中にたまに行く中板橋の居酒屋「山喜多」の本店を発見。なかなか良さそうな店で若干心ひかれるが、とりえず写真だけ撮って地下鉄でいつもの酒場へ。午後6時過ぎに入店。ちょうどそれまでいたお客さんがはけた時間帯だったようで先客はおらず。途中男性一人、女性二人の三人組が来るも、男性がすでに酒を飲んでいたようで入店を断られる。この酒場では珍しいことではない。うるさくなりそうだったので断ってくれた大将に感謝。とにかく静かに飲みたいのだ。楽しくみんなでワイワイ飲みたいんだったら別の店に行けばいいのに。いつものように1時間ほど。雨はやや強くなっていたので傘を借りて帰る。

6-16-22

6月17日(金)フレッド・アトキンス

午後4時30分過ぎに家を出て酒場に向かう。途中電車で「1964年のジャイアント馬場」の続きを読み進む。日プロ時代の1963年4月のこと。馬場さんの凱旋帰国後の活躍を快く思わず、配下の大木金太郎を使って馬場さんに怪我を負わせようとした豊登に対し、馬場さんの師匠のフレッド・アトキンスが制裁として試合中に意図的に肩を脱臼させたというエピソードを読む。私は小学校1~2年生の頃、豊登のファンだったのだがこの一文でガッカリ。そして当時30歳を超えたばかりで伸び盛りの豊登を実力で黙らせた50過ぎのフレッド・アトキンスの実力と男気にシビれる。5時半ぐらいに酒場に到着。先客は6名となかなかの入り。手前カウンターの一番奥に座る。酎ハイ4杯に、つまみはニラのおひたし、イワシの酢の物、キンピラ、エシャレット、白菜の朝鮮漬けといつものフルコース。たまには別のものも頼めばいいとも思うが、ここでの飲みはルーチンだからそれでいいとも思う。

6-17-22

6月18日(土)数ヶ月ぶりの晩杯屋

午後6時過ぎに家を出て大山方面へ。先々週ぐらいから気になっていた「串焼 げん」をのぞくが結構混んでいてパス。次に「かぶら屋 大山店」の前まで行ってみるもこちらも混んでいる。どうしようと思ってすぐ前にある「晩杯屋 大山店」の店内を何気なくのぞくと、ここ数ヶ月見かけなかった店長がいるではないか。これは入らないわけにはいかない。ということで数ヶ月ぶりに入る。チューハイにつまみはポテサラ、アジの南蛮漬け、ギンナンなど。やっぱりこの店長だと気持ちよく飲める。チェーン店であってもやっぱり店は人だと思う。帰宅後、AKB選抜総選挙。指原莉乃圧勝。今、結果を確認するためにAKB選抜総選挙のサイトを見たが実に良く出来ている。都知事選も特設サイトを作り、候補のアピールビデオを見ることができるようにして、ネット投票ができないものか。

6-18

<次週はこちら>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告