【立ち食いそば】「文殊 浅草店」レトロな浅草地下街の一角に佇むハイクオリティな完全立ち食い式そば店。

都内を中心に11店舗展開する立ち食いそば店「文殊」。これまでこのブログでは板橋区にある2店舗をご紹介しました。

【立ち食いそば】「文殊 大山店」完全スタンディング!自家製麺・揚げたて・茹でたてが自慢の「文殊」が9月11日にオープン。
首都圏に10店舗を展開する「文殊」の11番目の店舗として、9月11日(日曜日)に「文殊 大山店」がオープンしました。当日に早速食べてきたので...
【立ち食いそば】成増「文殊 成増店」。幅広い年齢層の人たちが利用する駅ナカの人気店!
「文殊 成増店」は東武東上線「成増駅」構内にあるそば店。自家製麺、サクッとした天ぷら、茹でたてのそばで人気です。 成増駅は池袋...

今回は浅草地下街にある「文殊 浅草店」をご紹介します。

場所は東京メトロ銀座線「浅草駅」改札を出てすぐ。外からのアクセスを説明すると、東武スカイツリーラインの浅草駅にもなっている松屋浅草の前にある赤丸の地下にあります。

近づくと、このように浅草地下街と東京メトロ銀座線「浅草駅」の8番入口になっています。この地下街は昭和の雰囲気が残っていて実に風情があります。

お店はこの階段を降りてすぐ。

階段を降りたところにある小型の自動券売機で食券を買って、カウンター内の店員さんにオーダーするシステム。店は厨房を囲むL字型のカウンターのみで立ち食いのみ。キャパは5~6人。注文を聞いてからそばをゆで始めるスタイルで、約3分待って出てきたのがこちら。かき揚げそば(380円)です。

上からのショット。かき揚げは揚げ置きですがほぼ揚げたてです。

そばリフト。文殊オリジナルのやや細目のそばです。

そばはツルツルとしていてコシがあり、喉越しが良くて食べやすいですね。つゆはカツオ出汁の風味が立ち上り、濃さもちょうどいい感じ。タマネギが中心のかき揚げもサクサクしています。狭い厨房ですが、その中で2名の店員さんが手際よく一杯一杯を仕上げていくのは見ていて気持いいです。店の雰囲気、そばのクオリティともに満足!ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4.5(気に入った!)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都台東区浅草1-1-12 浅草地下街
◎交通手段:東京メトロ銀座線「浅草駅」改札出てすぐ
◎営業時間:[月~金] 6:30~23:50 [土・日・祝] 7:00~21:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告