【カップ麺】サッポロ一番「名古屋台湾ラーメン」寒い日には嬉しい!体がポカポカあったまるピリ辛スープ。

ああ寒っ!そう思って窓の外を見たら近所の家の屋根に雪がうっすら積もっているじゃないですか。ニュースによればこの日は東京都心で54年ぶりの降雪。これは何か暖かいものを食べなければと思って選んだがのこちら。サッポロ一番「名古屋台湾ラーメン」です。今回は一つコイツで暖まってやろうと思います。

imgp1148_2

台湾ラーメン

近頃人気の名古屋メシ・台湾ラーメン。その名を冠したカップ麺や袋麺が各社から結構出ています。例えばカップ麺ではこちら。

袋麺ではこんなものも。

パッケージはこの通り、赤を基調に黄色と黒の文字。

imgp1161_2

早速つくってみる。

まずはフタに貼り付いていた特製スパイスをはずします。

imgp1176_2

中には肉そぼろがゴロゴロ。

imgp1197_2

他に小袋類はありませんので、熱湯を注ぐだけ。

さて感想は。

3分経って出来上がったのがこちら。台湾ラーメンというと真っ赤なスープというイメージがありますが、この通り地味な色合い。コレ、本当に辛いの?

imgp1216_2

麺リフト。色白の中太麺です。

imgp1226_2

特製スパイスを入れます。その正体は鷹の爪っぽい唐辛子。一気に華やかになりました。

imgp1250_2

まずスープを一口。おっ、さっぱりとした醤油味にピリリとした辛味が加わって、味仙の台湾ラーメンのスープをなんとな~く思い起こさせる味ですね。商品説明によりますとこのスープ、「チキンとポークのうまみに、ニンニクのコク、唐辛子の辛さを合わせ、しょうゆとみそで味を調えました」とあります。ただしミソはあまり主張してないですね。また、「辛さ強め」とありますが、確かに辛さはあるものの、むせたり、顔をしかめるほどの辛さではありません。でも食べ進めていくうちにだんだん体がポカポカしてきましたよ。具材の肉そぼろは「肉特盛」とうたっているだけに結構あって、底に半分ぐらい沈んでいたので後半はつまんでは食べ、つまんでは食べという状態になりました。これにラー油を加え、ニラがあったらより本格的になったかも。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4(気に入った!)

<商品データ>
◎価格:205円(税別)
◎内容量:98g(めん70g)
◎カロリー:429kcal
◎発売日:2016年8月29日(月)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告