【立ち食いそば】初台「信濃追分蕎麦 初台庵」小諸そばを運営している株式会社三ッ和が運営するお店。

初台の「信濃追分蕎麦 初台庵」は、小諸そばを運営している株式会社三ッ和が運営している立ち食いそば店です。

「初台駅」南口から1分弱

場所は京王新線「初台駅」から1分弱。駅の南口を出てすぐ手前にある公園の右横です。店頭入口横のテーブルの上にはやや年季が入った感じの天丼セット、鴨せいろなどのサンプルが並んでいます。

この日入店したのはちょうどお昼時の11時55分頃。入口を入ってすぐ右に2台の自動券売機があり、いずれかで食券を購入して注文口で店員さんに渡してオーダーするシステムです。価格はベースとなる「もり・かけそば・うどん」が290円で、「かき揚げそば・うどん」が400円。

キャパは23名程度

食券を購入して注文口で店員さんに渡して「そば」を指定し、手前付近で出来上がりを待ちます。店内の配置を見ると、入口寄りの壁沿いに4席のカウンター席。奥のフロアの中央に4人ぐらいが立ち食いできる立ち食いカウンター、壁沿いに2人用テーブルが4卓と一番奥に3席のカウンター席。合わせるとキャパは23名程度ですか。昼時とあって先客は10名程度。近くのビジネスマンと思われる30~50代の男性が中心ですが、女性の姿もチラホラ。

調味料は小諸そばと同じ

さらに、カウンターの上をチェックすると朱塗りの桶風の容器に、取っ手付き木製フタの白の陶器。これって、小諸そばのやつですね。写真には写っていませんが瓢箪タイプの七味と柚子七味、ちっやくて丸い木製フタ付きのワサビもありました。

調べてみたらこの店は、小諸そばを運営している株式会社三ッ和が運営しているようですね。沿革のページに「平成18年4月 追分そば「初台庵」オープン」とありましたが、なぜこの店だけが名前が違うかはわかりませんでした。

しかし「小諸そば」に統一するのではなく、違う店名の店があるのは立ち食いそばファンとしてはなんか嬉しいですね。そして待つこと3分弱で呼ばれて、いただいたのがこちら。「冷やしおろし」(380円)。

そばは白っぽくてつややか。小諸そばのそばと同じようです。結構たっぷりと刻みのりが振りかけてあります。

ネギは後から入れたものですが、つゆはおろしがすでに入れた状態で供され、ウズラの卵も入っています。

さて、いただきます。ワサビをつけていただくと、そばはしっかりとコシがあってしなやか。やはり小諸そばのそばと同じです。つゆはやや甘めの印象ですが、これはおろしが入っているからかも。目の前の器からネギを補充しながら食べ進めます。そして残り3分の1となったところで、柚子七味を投入し完食。最後は残ったつゆにそば湯を加えて飲み干しました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都渋谷区初台1-38-12
◎交通手段:「初台駅」から徒歩1分
◎営業時間:10:00~22:00

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告