【カップ麺】エースコック「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば」濃厚スープは単独で飲むには塩っぱすぎ。

エースコックの「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば」は、2014年に1度惜しまれつつも閉店し、2016 年に復活を果たした東京都練馬区の人気ラーメン店「中華そば べんてん」のメニューを再現したカップ麺です。

人気店とコラボした「一度は食べたい名店の味」シリーズ

エースコックの「一度は食べたい名店の味」シリーズは、人気有名ラーメン店とコラボしてそのお店の看板メニューをカップ麺化したもの。これまで次の商品をご紹介しています。

エースコックの「一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン」は、埼玉県新座市にある人気店「ぜんや」の塩ラーメンをイメージしたカップ...
エースコックの「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん」は、東京・京橋の人気ラーメン店「ど♪みそ」の味をカップ麺...

なお先日、同じくエースコックの「全国ラーメン店マップ」シリーズの一つ「らーめん空監修 辛味噌ラーメン」をご紹介しましたが、このシリーズと何が違うのかがイマイチよくわかりません。

エースコックの「全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン」は、札幌の人気ラーメン店「らーめん空」のメニューを再現した...

パッケージはこのシリーズ共通で白がベース。ボディとフタの中央部には黒のラインに白で「べんてん」という店名。フタをよく見ると、左側が2014年まで高田馬場にあった旧店舗、右側が2016年から成増で再開した新店舗の写真が配されています。板橋区民である私は「成増」と聞くと板橋区だととっさに思いますが、中央には「東京・練馬」という表示。地図で調べてみると最寄駅は「地下鉄成増駅」ですが、住所は練馬区というパターンですね。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「液体スープ」。

中はこんな感じ。太めの麺とネギやしなちく、チャーシューなどのかやくが見えます。

さて感想は。

熱湯を注いで5分後、フタを開け「液体スープ」を加えてかき混ぜれば出来上がり。

麺リフト。

さて、いただきます。まずは麺。太めのちぢれ麺で存在感抜群。先日いただいた「全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン」と同じく、いかにもカップ麺の麺で、モチッとしていて、噛むと跳ね返してくるような弾力があります。次にスープ。煮干しなど魚介系を強く感じ、濃厚で塩っぱめ。ただ麺もそれなりにボリュームがあるので、一緒に食べる分、これぐらい濃厚でもいいかも。というわけで麺を一通り食べ終え、あと残っているのはカップ3分の1ほど残ったスープ。飲み干そうと思ったんですが、塩っぱさが先に来てこれ以上は無理。私はここでギブアップしましたが、残ったスープにご飯を入れて食べるとか、お湯を加えて割って飲む方法ならありかも…。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★☆☆☆ 2.8(う~ん)

<商品データ>
◎価格:205円(税抜)
◎内容量:93g(めん70g)
◎カロリー:359kcal
◎発売日:2018年2月12日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告