【立ち食いそば】橋本「名代 箱根そば 橋本店」JR橋本駅改札からスグ!乗換の際などにサクッと食べられて便利。

名代 箱根そば 橋本店」は、小田急レストランシステムが展開する「箱根そば」の一つ。JR橋本駅直結の駅ビル「味の食彩館 はしもと」内にあります。

直営店41店舗、FC6店舗を展開する「箱根そば」

小田急レストランシステムが小田急沿線を中心に直営店41店舗(2018年10月現在)、FC店6店舗を展開する「名代 箱根そば」。このブログではこれまで以下のお店を紹介しました。

JR「橋本駅」直結のビル内

今回ご紹介する「橋本店」の場所は、JR横浜線・相模線「橋本駅」直結の「味の食彩館 はしもと」の2階にあります。このJR改札を出て右手に数十秒歩くと…

左に「味の食彩館 はしもと」の入口があります。

入口を入って「てんや」などいくつかのお店の前を通り過ぎた先にあるのがこのお店。

ガラス越しで見づらいですが「横浜家系ラーメン 壱角屋」の左隣。なお、この下の1階には立ち食いそば店「めん処 一ぷく 橋本店」があります。

「かけ」300円、「かき揚げそば」が410円

この日入店したのはちょうどお昼のピーク時の12時35分ごろ。店内は30代から70代まで幅広い年齢層のお客さんでなかなかの混み具合。入ってすぐ右手にある自動券売機前にも30代ぐらいの男性と60代ぐらいの女性の二人が並んでいます。最後尾についてしばし待ち、今回はたまたま目についた「冷やしきつねそば・うどん」をチョイス。なお、価格はベースとなる「かけそば・うどん」が300円、「かき揚げ天そば・うどん」が410円です。すぐ先の注文カウンターで店員さんに食券を渡し、そばを指定。少し奥で立ったまま出来上がりを待ちます。そして待つこと2分ぐらいで呼ばれて受け取ったのがこちら。「冷やしきつねそば」(430円)。

で、トレイを持って空いた席を探します。店内は左の壁沿いに入口から奥にかけて二人掛けテーブルが9卓並んでいます。そして、店の一番奥に2人掛けのカウンター席があり、キャパは20名。ほぼ一人客なので2人掛けの片側は空いているものの、テーブルが小さいし相席はちょっと避けたいなと思っていたら、奥のカウンター席で食べておられた70代ぐらいのご夫婦っぽいお二人が食べ終えて立ち上がったので、その席に。一息ついてカウンターの上をチェックすると、黒のリターナブル箸に七味、紙ナプキン、爪楊枝、台拭きが置いてありました。

三角形に切られた揚げが4枚。おろしとキュウリがトッピングされているのが特徴です。

さて、いただきます。そばは生そば。器のフチのわさびをちょい絡めていただくと、冷水でキュッと締めてあって、コシがありツルツルッとしたのど越し。つゆは安定の箱根そばクオリティなので悪くないのですが、今回は少し薄目かも…。揚げはやや甘めの味付けですね。そしてトッピングのおろしとキュウリはさっぱりとしていて、清涼感を加えてくれます。ということでそばと共に揚げ、おろし、キュウリを交互に楽しみながら完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.3(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:神奈川県相模原市緑区橋本6-1-24 味の食彩館2F
◎交通手段:JR横浜線「橋本駅」徒歩1分、京王線「橋本駅」徒歩4分
◎営業時間:7:00~21:00
◎定休日:年中無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告