【立ち食いそば】東武練馬「名代 富士そば 東武練馬店」「東武練馬駅」北口を出てすぐ。ゆで立ての生そばが楽しめる

東武練馬の「名代 富士そば 東武練馬店」は、24時間年中無休で茹で立ての生そばが手頃な価格で楽しめる店です。

東上線「東武練馬駅」北口を出てすぐ

ダイタングループが首都圏を中心に2019年6月現在で約130店舗を展開する「名代 富士そば」。今回ご紹介する東武練馬店は、ダイタンイート株式会社が運営する店で、開店は2015年9月。場所は東武東上線「東武練馬駅」北口から出てすぐ。目の前という感じです。

この日入店したのは14時40分ごろ。入口を入ってすぐ右手に自動券売機が2台並んでいます。右がSuica、PASMOが使えるヤツ。どちらかで食券を購入し、その先の注文口で店員さんに渡して半券を受け取って出来上がりを待つシステムです。

価格はベースとなる「かけそば・うどん」が300円で、「天ぷらそば・うどん」が410円。

店内は7席のU字型カウンターが2つと自販機の先の壁際に2席のカウンター席があり、合わせるとキャパは16名。お昼のピークを過ぎたこの時間は先客は男女各1名の2名で、店員さんは2名体制でした。

注文口で店員さんに食券を渡して「そば」を指定し、半券を受け取ります。「茹で立てをご用意いたしますのでしばらくお待ちください」とのこと。入口寄りのU字型カウンターで出来上がりを待ちます。カウンターの上の調味料をチェックすると七味のみでした。

ゆで立てのもりそば

そして待つこと3分で呼ばれて半券と引き換えにいただいてきたのがこちら。「もりそば」(300円)。

そばアップ。

さて、いただきます。そばつゆにネギを3分の1ほど入れて、わさびをそばに直接つけてつゆをくぐらせいただきます。そばとツーンとしたわさび、そしてつゆのかつお出汁の味。やっぱり茹で立てはうまいですね。しばらくはそれを続け、4分の3ほどいただいたところで、七味をそばに。ピリッとした七味がアクセントになっていい感じ。最後は残ったつゆにそば湯を入れて、七味を二~三振りして飲み干して完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区徳丸3-1-26 田上ビル
◎交通手段:東武東上線「東武練馬駅」北口から出てすぐ
◎営業時間:24時間営業(午前3時より45分間閉店)
◎定休日:無休

<これまで紹介した富士そば>
このブログではこれまで以下の店舗を紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告